通勤におすすめなクロスバイク19車種!人気カゴ付きクロスバイクも厳選紹介

アイキャッチ_通勤クロスバイク

今年もさらに利用者が増えたクロスバイク。最近では通勤・通学用としても人気が高まっています。

「通勤にはどんなクロスバイクが向いているの?」

「クロスバイク初心者はどれを選ぶと良いの?」

今回はそんな声にお答えするべく、自転車販売経験の豊富な筆者が通勤クロスバイクの選び方やおすすめのクロスバイクをまとめました。

それでは早速まいりましょう!

なぜ通勤用にクロスバイクが選ばれるのか?メリットとデメリットを解説

クロスバイク_初心者でも乗りやすい

最近街中でもクロスバイクで通勤している人をよく見かけるようになったと思いますが、なぜクロスバイクを通勤に利用する人が増えてきたのでしょうか?

まずはその理由とクロスバイク通勤のメリット、デメリットを解説していきます!

クロスバイクが通勤に選ばれる3つの理由

  1. スピードが速く快適!通勤時間も短縮
  2. 初心者でも始めやすく乗りやすい
  3. 見た目やデザインがおしゃれでかっこいい!

1. スピードが速く快適!通勤時間も短縮

一番の理由は間違いなくこの点でしょう。

クロスバイクは一般的な自転車(ママチャリ等)に比べてスピードが出るので、通勤時間を短縮できるだけでなく快適さや走行の楽しさも味わえます

車種平均時速
ママチャリ約12km~17km/h
クロスバイク約15km~25km/h

クロスバイクは変速などのコンポーネントが高速走行向けの製品を搭載していたり、フレーム形状的にペダルに力を入れやすいためスピードを出しやすい特徴を持っています。クロスバイクはママチャリに比べて約1.2倍ほど消費カロリーも高いので、毎日の通勤で利用すれば健康やダイエットにも効果的です。

自転車の消費カロリーに関しては以下でも詳しく解説していますので、気になる方は参考にどうぞ。
» ダイエットにも効果的な通勤距離は?

2. 初心者でも始めやすく乗りやすい

この点も人気の理由の1つです。どんなに便利でも始めるハードルが高いと人気製品にはなりにくいですが、クロスバイクは価格帯も幅広いため初心者でも選択肢が多いのが嬉しい点です。

ママチャリに比べてアセンブルパーツやサイクルアクセサリーは豊富ですが必須というわけではないので、必要に応じて取り揃えれば問題ありません。

3. 見た目やデザインがおしゃれでかっこいい!

クロスバイク_見た目デザインかっこいい

こちらも単純明快な理由ですが、自転車は外で乗るものですし長く使うので、せっかくなら見た目にもこだわりたいですよね。

クロスバイクはカラーリングやデカールデザインなどの種類が豊富なので、好みに合わせて選ぶことが出来ます。

クロスバイク通勤のデメリットは?

クロスバイク通勤にはメリットもありますが、デメリットもあります。

  • 雨天も自転車通勤する場合は対策が必要
  • ママチャリに比べて値段が高い

雨天時もクロスバイク通勤をしたい場合は泥除けやレインコートなど雨対策グッズが必要です。ママチャリよりもスピードが出る分、一般的なレインコートよりもランニングなどのスポーツ向けレインウェアの方が通気性が良いので快適さが増しますよ。

また、クロスバイクはママチャリなどの一般的な自転車に比べるとやや値段が高いです。有名ブランドのクロスバイクはエントリーモデルでも5万円〜10万円程度はかかります。ブランドにこだわらなければ3万円程度でもそこそこのスペックのクロスバイクが手に入るので、自分の予算感に合わせて検討しましょう。

クロスバイクでの通勤を検討している方はメリット、デメリットの両方をしっかり抑えて検討をしましょう!

初心者向け!クロスバイクの選び方ポイント

続いて、クロスバイク初心者の方に最低限抑えていただきたいクロスバイクの選び方ポイントを紹介していきます。

特に初めてクロスバイクに乗る方はこの選び方ポイントをしっかりと抑えて、自分にピッタリの1台を選べるようにしましょう!

必ず確認しよう!クロスバイク選びの重要ポイント「フレームサイズ」

クロスバイクのフレームサイズの種類例

クロスバイク選びで最低限チェックしておきたいのは「フレームサイズ」です。なぜフレームサイズが重要な選び方ポイントなのか、簡単に解説していきます。

フレームサイズは乗り心地に直結!自分の身体に合ったサイズ選びをしよう

「フレームサイズ」というのは主にシートチューブの長さを指します。

そして上記のフレームサイズ表でもわかるように、フレームサイズが大きいほど身長が高い方向けで、小さいサイズほど小柄な人向けということです。

クロスバイクのフレームサイズサンプル

クロスバイクのサイズ選びは一般的なママチャリのように地面に足がつくかどうかだけでなく、自分の身長や腕の長さに合わせたサイズを選ぶことで、最大の走行パフォーマンスを発揮できるようになります。

●フレームサイズ例(GIANT ESCAPE R3)
フレームサイズシートチューブ長適応身長(目安)
430mm(XS)430mm155〜170cm
465mm(S)465mm160〜175cm
500mm(M)500mm170〜185cm

サドルは適切な高さに調整しよう!

クロスバイクのフィッティング

フレームサイズを選んだ後のサドル高の調整目安としては、またがった時に腕が伸びすぎない + つま先が地面に付くという程度に調整すると良いでしょう。

身長に対してサドル高が低すぎると、ペダルを漕いだ時にハンドルと膝が近い状態が続くので窮屈感や疲労感が増してしまいます。逆にペダルが高すぎると前傾姿勢になりすぎたり腕に負担がかかり過ぎたりするので、程よいと感じる位置に調整しましょう。

クロスバイク通勤にはカゴ付きや泥除け付きが便利!

クロスバイクを通勤用に使いたいのであれば「カゴ付き」や「泥除け」を装備したクロスバイクもおすすめです。

スーツで通勤する方は衣類の汚れをなるべく防ぎたいですし、ビジネスバッグなどを持って通勤する方は荷物をカゴに入れられた方が便利ですよね。

クロスバイクの泥除けの取り付け方法

泥除け
の種類

クロスバイクの泥除けは大きく分けて「通常タイプ」と「フルフェンダータイプ」の2種類があります。

通常タイプの泥除けはワンタッチで取り付けが出来る製品もあるので、クロスバイク購入後に自分で簡単に取り付けることが出来ます。ただし、タイヤを覆う範囲が狭いため泥跳ね防止力はやや低めです。

逆にフルフェンダータイプはタイヤを覆う範囲が広いため泥跳ね防止力が高いですが、取り付けが難しいため自転車店のスタッフに取り付けてもらったほうが無難です。また、クロスバイクのタイヤ径や太さに合う製品を選定する必要があるため、購入する際にも知識が必要です。

最初から泥除けが取り付けられたクロスバイクを買うのもアリです!

泥除けの選び方

自分で買って取り付けるには知識が必要だったり手間がかかったりするので、面倒な方は最初から泥除けを装備したクロスバイクを選ぶと便利です。

フロントキャリア、リアキャリアの選び方

キャリアの選び方

荷物を載せたい場合はフロントキャリア、リアキャリア取付可能なモデルを選びましょう

最初から前カゴが取り付けられているシティクロスという選択肢もあります。シティクロスはクロスバイクとママチャリとの中間のような自転車で、タイヤも太く耐久性も高いためオフィス街などでの走行に適しています。

また、最近ではカゴを取り付けずにバックパックを背負ってクロスバイクに乗る方も増えています。バックパックは社会人や学生の中でも人気が高まっていますので、気になる方は「自転車通勤にも使える、持っておきたいおすすめリュック11選!」でおすすめしている製品もぜひ参考にしてみてください。

初心者向けの通勤クロスバイクおすすめ9選!

それではここからは、クロスバイク初心者の方にもおすすめな通勤クロスバイクを紹介していきます!

初めての1台にもピッタリの機能性十分かつ価格もグッと抑えられたコスパ抜群なモデルをピックアップしました!

GIANTのベストセラーエントリーモデル「ESCAPE R3 2019年モデル」

GIANT ESCAPE R3

大人気ブランドGIANTのエントリーモデル。フレーム、フォーク、ホイールなど細部までこだわりが見られ、通勤などの日常使いに合わせた設計になっています。快適性と耐久性のバランスが良く、長く使うにもピッタリのエントリークロスバイクです。

ESCAPE R3 GIANT 2019年モデル

ESCAPE R3 GIANT 2019年モデル

52,000円(税別)

» 販売サイトで詳しく見る

スペック
24段変速、700x28C

おすすめポイント!
ワイドレンジな24段変速で幅広い走りが可能。自転車通勤や自転車通学にピッタリのモデルです!

コスパ抜群で走行性が高い、軽量アルミフレームクロスバイク「cyma primer」

cyma primer

3万円以内で買えるクロスバイクとしては一段上の走行性能を味わえる、サイマのプライベートブランドクロスバイクの「cyma primer」。アルミフレームを採用しているため車体が軽く、快適な走行を味わえます。コスパに優れたおすすめの1台です!

cyma primer

cyma primer

26,700円〜(税別)

» 販売サイトで詳しくみる

スペック
7段変速、Vブレーキ、軽量アルミフレーム

おすすめポイント!
クロスバイクの入門としてはもちろん、普段乗り慣れた方にも満足出来るレベルのお買い得クロスバイクです。女性でも扱いやすい軽量なアルミフレームを採用しており、男女問わず通勤用に適した1台です!

幅広い用途で使えるエントリークロスバイク「ブリヂストン CYLVA F24」

クロスバイク_ブリヂストン_CYLVA-F24_グリーン

ディレイラーにシマノALTUSを搭載した24段変速モデル。少し太めのタイヤで安定感もあり路面やオフィス街での走行にピッタリです。スタンドやワイヤー錠、ライトなどの自転車通勤に必需のパーツが標準装備しているので、自分で買い揃える手間もかかりません。

ブリヂストン CYLVA F24

ブリヂストン CYLVA F24

49,900円〜(税別)

» 販売サイトで詳しくみる

スペック
24段変速、Vブレーキ、軽量アルミフレーム、電池式ライト付属、ワイヤー錠付属、BAA適合車

おすすめポイント!
自転車通勤に必需なパーツがすべて揃った1台。変速段数も24段と幅広いので坂道でも平坦な道でも十分に対応出来ます。

高性能&クラス最軽量のコスパ抜群クロスバイク「KhodaaBloom RAIL 700」

コーダーブルーム RAIL700

重量剛性比の高いアルミ合金を使用した高品質の軽量アルミフレームにより、10万円以下のクロスバイクの中では最軽量を誇る軽さを実現したクロスバイクです。さらにベル、ライト、スタンドを標準装備しており、入手後すぐに乗れるというのも嬉しいポイント!コスパ抜群のおすすめモデルです。

KhodaaBloom RAIL 700

KhodaaBloom RAIL 700

54,000円(税別)

» 販売サイトで詳しく見る

スペック
700×28C、24段変速、アルミフレーム

おすすめポイント!
パーツ構成にもこだわりが見られ、軽やかな走行感が楽しめるスタンダードクロスバイクです!

ハンドルの角度を調整できるシンプルクロスバイク「RUNTHROUGH(ランスルー)」

クロスバイク_ランスルー

自転車通販サイマのオリジナルクロスバイク「RUNTHROUGH(ランスルー)」。可変式のハンドルを採用しているので、ゆったりした姿勢から速く漕げる前傾姿勢まで、自分の通勤スタイルに合わせて乗りやすいポジションに自由に調整できるところがおすすめポイント!車体サイズが自分に合うか不安な方はぜひ検討してみると良いでしょう。

RUNTHROUGH(ランスルー)

RUNTHROUGH(ランスルー)

24,400円〜(税別)

» 販売サイトで詳しくみる

スペック
6段変速、Vブレーキ

おすすめポイント!
初めてクロスバイクに乗る方にはおすすめ。サイズが不安な方でもハンドル位置が調整できるので安心の1台です!

太めのタイヤで安定した走行性能「NESTO VACANZE 1-K」

クロスバイク_NESTO_VACANZE1-K_ブルー

GIANTと同じ工場で生産している日本人向けスポーツバイクブランド「NESTO」のエントリークロスバイクです。やや太めの32Cタイヤにより走行時の振動吸収性や耐久性に優れており、安定した乗り心地を味わえます。シマノ製の21段変速を搭載しており、サイクリングにも十分対応できるギア幅です。

NESTO VACANZE 1-K

NESTO VACANZE 1-K

42,900円〜(税別)

» 販売サイトで詳しくみる

スペック
21段変速、Vブレーキ、軽量アルミフレーム、電池式ライト付属

おすすめポイント!
GIANTと同工場で生産される車種なのでフレームの品質はお墨付き。軽量で耐久性の高いアルミフレームで走行性能もバッチリです。

細身で美しいクロモリフレームが魅力「cavite(キャビテ)」

クロスバイク_cavite_グラファイト

細身のシルエットが美しいクロモリフレームを採用しつつも、価格が3万円前後とお買い得な「cavite(キャビテ)」。有名メーカーの同スペック車種なら5万円以上はするので、ブランドにこだわりがない方にはおすすめの選択肢。落ち着いたクラシカルなカラー、アクセントのシルバーパーツが映えるオシャレな1台です。

cavite(キャビテ)

cavite(キャビテ)

28,900円〜(税別)

» 販売サイトで詳しくみる

スペック
7段変速、Vブレーキ、クロモリフレーム

おすすめポイント!
おしゃれな街並みにも溶け込むシルエットが魅力の1台。クロモリフレーム+7段変速でこの価格はかなりコスパが良いです!

見た目にもコダワリたい方におすすめ「オールストリート6s」

オールストリート6s_ビジュアルホワイト

通勤向けクロスバイクの中でも見栄えにこだわりのある「オールストリート6s」。ホワイトに統一されたパーツと明るいフレームカラーの組み合わせがお洒落な1台です!6段変速付きで車体も軽く、走行性も十分なクロスバイクです。

オールストリート6s

オールストリート6s

31,900円〜(税別)

» 販売サイトで詳しくみる

スペック
6段変速、アルミパーツ採用

おすすめポイント!
スポーツバイクもどうせならお洒落なものがいい、そんな方におすすめな1台です!アルミパーツをふんだんに採用して車体が軽いのも嬉しいポイント!

ロードバイク並みのハイスペックバイク「INFIZA FB/SORA R3000」

クロスバイク_INFIZA_FB2.0_ブラックブルー

ロードバイクのパーツを中心にアセンブルされたフラットバーロード。アルミフレームにカーボンフォークを装着し、車体重量は10kgを切る軽さを実現。駆動系のディレイラー・シフター、ブレーキはシマノ製の「Sora」で統一。エントリーモデルの価格帯ながら本格派も納得するレベルの非常に充実したスペックな1台です!

INFIZA FB/SORA R3000

INFIZA FB/SORA R3000

57,900円〜(税別)

» 販売サイトで詳しくみる

スペック
Shimano Sora 18段変速、軽量アルミフレーム、カーボンフォーク

おすすめポイント!
スペックにこだわりたい方には非常におすすめのエントリーバイク。このパーツアセンブルでこの価格はエントリーバイクの中でも最上級のコスパの良さです!

通勤にはカゴ付きクロスバイクもおすすめ!

通勤向けカゴ付きクロスバイク

通勤用なら最初からカゴが付いたクロスバイクも検討してみることをおすすめします。

リュックやメッセンジャーバッグを持っていたとしても、重い荷物を背負って長距離を走行するのは一苦労ですし、通気性の悪いリュックだと夏場などで汗をかいた際に衣類が汗で汚れてしまう可能性もあります。

通気性の良いバッグやウェア、ジャケットなどを持っている方なら良いですが、今からアイテムを揃えるのはちょっと、、、という方はカゴ付きのクロスバイクもチェックしてみましょう!

カゴ付きクロスバイクの選び方ポイント

カゴ付きクロスバイクを選ぶ際は以下のポイントを確認しましょう。

カゴ
ビジネスバックがすっぽり入るよう、なるべくワイド(横幅が広い)なカゴが付いていると良いです。
フレーム
軽量な車体の方が軽快な走行が出来るため、通勤用のクロスバイクならアルミフレームが理想です。細身フレームなフレームであればスチール素材でも比較的軽量です。
チェーンカバー
衣服の汚れを防ぐチェーンカバーが取り付けられている車体のほうが望ましいです。
泥除け
チェーンカバー同様、衣服の汚れを防いでくれるので泥除けが付いたクロスバイクのほうが通勤に適しています。
タイヤ
乗る頻度が多かったり、走行距離が長い方は耐パンクタイヤを装備した通勤クロスバイクもおすすめです。少し価格は高くなりますが、パンク時の修理費用や手間が減ることを考えると案外お買い得な選択肢と言えます。

通勤におすすめ!カゴ付きクロスバイク、泥除け付きクロスバイク4選

カゴ付きクロスバイクのメリットはつかめたでしょうか?
それではここからは、通勤におすすめのカゴ付きクロスバイクを紹介していきます!

ワイド前カゴ付きで軽量アルミフレームを採用した快適なシティクロス「CORTEZ(コルテス)」

コルテス_シティクロス

「CORTEZ(コルテス)」はビジネスカバンもラクラク入るワイドな前カゴと泥ハネ防止の泥除け、LEDオートライトといった実用性の高いパーツを装着したシティクロスです!どんな利用シーンでも幅広く利用できる通勤用自転車に仕上がっているおすすめの1台です!

サカモトテクノ CORTEZ(コルテス)

サカモトテクノ CORTEZ(コルテス)

31,900円〜(税別)

» 販売サイトで詳しくみる

スペック
6段変速、LEDオートライト、Vブレーキ、軽量アルミフレーム

おすすめポイント!
どんなシーンでも幅広く利用できる機能性を持ったおすすめクロスバイクです!

前後泥除け、フロントキャリアがついたお買い得クロスバイク「CHRYS(クライス)」

泥除け付きクロスバイク
※CHRYS(クライス)はフロントキャリアのみ搭載です。前カゴは取り付けられていません。

雨の日にもクロスバイク通勤することが決まっている方は、最初から泥除け付きのクロスバイクを選ぶのも1つの選択肢です。この「CHRYS(クライス)」は前後の泥除けと荷物を置けるフロントキャリア付きでかなりのお買い得価格で、同タイプのクロスバイクでは最安値の部類です。また、細身でクラシカルなデザインで見栄えも良いのもおすすめポイントです!

CHRYS(クライス)

CHRYS(クライス)

24,700円〜(税別)

» 販売サイトで詳しくみる

スペック
6段変速、泥除け・フロントキャリア付き

おすすめポイント!
走行性能と利便性、そして見栄えの良さを併せ持った、通勤に普段使いにおすすめのクロスバイクです!

乗り降りしやすくおしゃれなシルエットで男女問わず人気「ブリヂストン MarkRosa 7S カゴ付きモデル」

カゴ付きMarkRosa

クロスバイクの中でもシティサイクルに近い安定感がある「ブリヂストン MarkRosa 7S」。肩肘張らずに自然な姿勢で乗ることが出来るので男女ともに人気が高い1台です。スタッガードフレームを採用しており服装を気にせず乗り降りもラクラク!SHIMANO製の7段変速も搭載しているので走行性もバッチリです。

ブリヂストン MarkRosa 7S カゴ付きモデル

ブリヂストン MarkRosa 7S カゴ付きモデル

48,900円〜(税別)

» 販売サイトで詳しくみる

スペック
7段変速、Vブレーキ、軽量アルミフレーム、LEDオートライト、音鳴りしにくいローラーブレーキ、BAA適合車

おすすめポイント!
肩肘張らない快適な乗り心地がおすすめのクロスバイクです。26インチ、27インチの2サイズ展開なので小柄な方でも問題なく乗ることが出来ますよ。

通勤・通学向けに設計された万能クロスバイク「ブリヂストン TB1 カゴ付きモデル」

カゴ付きTB1

ブリヂストンが通勤、通学向けのクロスバイクとして最適化した仕様で開発したTB1。クロスバイク本来の走行性に普段使いに便利な機能をプラスしたTB1は、専用のカゴを取り付けることで利便性を更にUP出来ます。耐パンクタイヤも採用しているので長く乗ることの出来るおすすめモデルです!

ブリヂストン TB1カゴ付きモデル

ブリヂストン TB1カゴ付きモデル

49,910円〜(税別)

» 販売サイトで詳しくみる

スペック
7段変速、Vブレーキ、軽量アルミフレーム、LEDオートライト、耐パンクタイヤ、音鳴りしにくいローラーブレーキ、BAA適合車

おすすめポイント!
毎日使うことを想定して耐久性を高めた仕様が特徴のTB1。メンテナンスの手間を少しでも減らしたい方などにもおすすめ!

人気ブランドの高性能通勤クロスバイクおすすめ6選!

続いては、人気のクロスバイクブランドのおすすめ通勤クロスバイクのご紹介です!

せっかくクロスバイクを買うなら人気ブランドのクロスバイクも候補に入れてみたい、という方はこちらも是非チェックしてみてください!各メーカー・ブランドの最新2019年モデルも含めて、厳選車種をピックアップしました!

GIOS(ジオス)のお手頃な価格なエントリークロスバイク「MISTRAL 2019年モデル」

クロスバイク_GIOS-MISTRAL

イタリアブランドのGIOS(ジオス)のお手頃な価格なエントリークロスバイクです。アルミフレームにクロモリフォークを搭載した、気軽にクロスバイクの楽しさを味わえるシンプルなモデルです。

MISTRAL GIOS(ジオス)

MISTRAL GIOS(ジオス)

46,818円(税込)

» 販売サイトで詳しく見る

スペック
24段変速、Vブレーキ

おすすめポイント!
タイヤサイズは700X28Cを搭載しており安定感に優れています。コンポはシマノALTUSの24段変速で、ワイドなギア幅により平坦な道でも坂道でも場所を選ばず快適な走行性を実現しています。

人気ブランドのビアンキ(Bianchi)のエントリーモデル「CAMALEONTE」

ビアンキ_カメレオンテ1

イタリアの老舗で大人気ブランドビアンキ(Bianchi)のエントリーモデルです。チェレステカラーが目を引くお洒落な1台!

CAMALEONTE ビアンキ

CAMALEONTE ビアンキ

63,342円(税込)

» 販売サイトで詳しく見る

スペック
8段変速、Vブレーキ

おすすめポイント!
リア8段変速でフレームのパイプの厚さが工夫され軽量なクロスバイクに仕上がっており、湾曲したフォーミングチューブにより振動吸収性にも優れているため毎日の通勤も快適です。

トレンドを意識した豊富なカラーが魅力「ルイガノ SETTER 8.0(セッター 8.0)」

ルイガノ SETTER 8.0

街乗りに適したパーツチョイスやジオメトリー、街中に映えるフレームカラーが特徴のルイガノのクロスバイク。32Cの太めのタイヤを装備したことで安定感の高い走行性を実現しています。

SETTER 8.0(セッター 8.0)

SETTER 8.0(セッター 8.0)

57,980円(税込)

» 販売サイトで詳しく見る

スペック
24段変速、Vブレーキ

おすすめポイント!
4種類のフレームサイズを展開しているため、身長150cm前後の小柄な女性〜180cm前後の男性まで乗りやすさ◎。

街中走行に優れた一回り小さなクロスバイク「TOKYOBIKE26」

クロスバイク_TOKYOBIKE26

スポーツバイクに慣れない初心者の方でも安心して楽しめる気軽さと、加速の良さを併せ持った1台です。

TOKYOBIKE26

TOKYOBIKE26

73,440円(税込)

» 販売サイトで詳しく見る

スペック
8段変速、Vブレーキ

おすすめポイント!
女性でも男性でも扱いやすい、一回りコンパクトサイズなクロスバイクです。加速性が高く上り坂でもラクラク登れる軽いギアから、スピードにのれるトップギアまでを幅広くカバーしたワイドギアを搭載。タイヤはママチャリと同じ英式バルブのチューブなので、スポーツバイクに慣れない初心者の方でも安心して乗ることが出来ます。

RITEWAYのエントリークロスバイク「SHEPHERD(シェファード)」

クロスバイク_RITEWAY-シェファード

量産車として世界初のサイズ別ホイール展開を採用したNiauデザインを採用した、RITEWAYのエントリークロスバイクです。

SHEPHERD RITEWAY(ライトウェイ)

SHEPHERD RITEWAY(ライトウェイ)

55,800円(税込)

» 販売サイトで詳しく見る

スペック
8段変速、Vブレーキ

おすすめポイント!
ホイールサイズ毎に各部の寸法を細かく調整することで、身長150cmから180cmの人まで誰が乗っても快適な設計を実現しています。日本人の体格データを基に通勤に最適化した乗り心地を味わえる1台です。

クロスバイクを通販で買うならどの店がおすすめ?

最近ではクロスバイクもネット通販で購入する方が増えてきました。

自転車の整備知識がある方の中にはフレームやパーツ単体をネット購入して自分で組み立てる方もいらっしゃいますが、届いてからすぐ乗りたい方や組み立ての手間・不安を解消したい方はなるべく組み立て済みで配送してくれる通販店を選びましょう!組み立てられた状態で配送されるかどうかは通販サイトの商品ページ内に記載されている事が多いので、気になる方はしっかりと確認してくださいね。

また、どの通販で買うのが良いか迷っている方もいると思いますので、私も以前利用したおすすめの自転車通販サイトを紹介しておきます。

一番のおすすめは自転車通販「サイマ(cyma)」

通販サイト_サイマcyma

クロスバイクをネット通販で買う際の一番のおすすめは「サイマ(cyma)」というサイトです。

特に初心者向けのクロスバイクラインナップが豊富で、多くの地域で送料が無料で価格的にも最安値クラスであることと、しっかりと組立・整備された自転車が届くというのがおすすめポイントです。

自転車は大型の商品なので送料がかかる通販サイトが多いですが、サイマは送料無料エリアが多く、送料無料ではない地域も他の自転車通販サイトに比べてかなり送料が安いです。こちらのページにエリア別の送料がまとまっているので、気になる方はチェックしておきましょう。
» サイマの送料無料エリアはこちら

サイマで購入すれば整備資格を持った専門スタッフが自転車を組立・整備した上で届けてくれます。

購入後の補償サービスも充実していて、サイマが提携している全国の自転車店舗で修理が無料で受けられるようなサポートもあったりします。
他にも不要になった自転車を無料で回収してくれるサービスもあるので、利用したい方は対象エリアをチェックしておくと良いと思います。
» サイマの不要自転車回収サービス

▼サイマ(cyma)はこちら
» 自転車通販サイマ(cyma) 人気自転車が最大30%OFF!送料無料

以前サイマで自転車を購入したときのレビューもよろしければ参考にどうぞ!
» サイマ(cyma)の評判・口コミは?実際に自転車を買ってみた感想まとめ

あさひの店舗が近くにある方は「サイクルベースあさひ」もおすすめ!

通販サイト_サイクルベースあさひ

次におすすめなのが、「サイクルベースあさひのネット通販サイト」です。

日本最大手の自転車チェーン店舗を展開しているサイクルベースあさひが運営しており、パーツやアフター補償も豊富なので安心です。

サイマ(cyma)に比べて送料が高いのが少しネックですが、ネットで注文後にあさひの店舗に自転車を受け取りに行くと送料が無料になるというサービスがあるので、家の近くにあさひの店舗がある方であればあさひの通販で買うのもおすすめです。

また、あさひでは今回紹介した以外にもルイガノやBIANCHIなどの有名メーカー中心に、エントリーモデルのクロスバイクを多数扱っています。フィッティングなどのサービスを受けたい方はあさひの通販サイトで購入して、店舗受取時に色々と店員さんにアドバイスを貰うのも良いでしょう。

▼サイクルベースあさひの通販はこちら
» サイクルベースあさひ楽天市場店

少し前ですが、あさひで自転車を買った時の経験談もこちらにまとめて紹介しています。
» あさひで自転車を購入。評判・口コミ、クーポン情報全部まとめました

イオンが近くにある人は「イオンバイク」も検討の余地あり

通販サイト_イオンバイク

イオンバイク」はイオングループの自転車専門のチェーン店舗です。通販サイトも運営しています。

おすすめ理由はサイクルベースあさひと同様です。

  • 自宅までの配送だとあさひ同様に送料が高いが、イオンの店舗まで受け取りにいくと送料が無料になる
  • 購入後の補償サービスが充実していて、イオンに自転車を持ち込めばメンテナンスや点検が受けられる

イオンバイクの良い所としては、イオンモール内に入っていることが多いのでお買い物のついでに寄れるという点です。イオンが近くにある方はイオンバイクのネット通販で購入して、何か他のものを買うついでに自転車も取りに行くというのもおすすめです。

ただ、イオンバイクはクロスバイクのカラー展開は豊富ですが種類自体が少なめなので、一度サイトを見てみた上で気に入った車種があれば購入を検討してみると良いと思います。

▼イオンバイクはこちらから
» イオンバイク楽天市場店

クロスバイク通勤をもっと便利に!おすすめ装備&服装

最後に、クロスバイクと一緒に購入しておくと通勤がもっと便利になるアイテムや服装をご紹介します!

どんなアイテムを揃えると良いか気になる方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

雨の日対策!雨天時のクロスバイク通勤の服装&装備

雨の日もクロスバイク通勤をしたい方は、通気性の良いレインウェアと泥除けを装備しましょう。

自転車用レインウェア

最近のレインウェアは通気性がとても良く、上下セットで見た目もかっこいいタイプが数多く販売されています。ワークマンなどの作業用ウェアも通気性や撥水性が高いものがあるのでおすすめですよ。

クロスバイク_泥除け

泥除けも必要であれば最初から取り揃えておくと楽です。自分で取り付けるのが手間な方は泥除け付きのクロスバイクがおすすめです。

絶対持っておきたい必須アイテム!

続いて、最低限用意しておきたいクロスバイクに関するの必須アイテムの紹介です。

盗難対策に!「ワイヤーロック」

自転車用ワイヤーロック

クロスバイクはママチャリと違って高価な自転車なので、頑丈なワイヤーロックを買ってしっかりと盗難対策をしましょう。太めのガッチリとしたワイヤーロックがおすすめです。

夜間の安全性を確保「自転車用ライト」

自転車用ライト

自転車の夜間の無点灯運転は道路交通法で禁止されていますので、対向車や歩行者からしっかりと視認できるよう必ずライトを装着しましょう。屋外に自転車を止める方は防水性の高いライトを選んでおくと壊れにくく長持ちしますよ。

おすすめの自転車ライトは「この自転車ライトがおすすめ!コスパ抜群の人気ライト9選」で紹介しています。

また、車の交通量の多い道路を走る方はテールライトも装着しておくと、より安全性が確保されます。気になる方はこちらの記事「自転車用テールライトの選び方とおすすめ9選!」も合わせて参考にどうぞ!

走行性UP&パンク防止に「空気入れ」

自転車用空気入れ

クロスバイクのようなスポーツバイクのタイヤは仏式バルブというバルブを採用しており、ママチャリとは形状が少し異なります。クロスバイクのタイヤに空気を入れるには仏式バルブに対応出来る空気入れが必要になるので、持っていない人は購入と同時に買っておいた方が良いでしょう。

また、クロスバイクは定期的に空気を入れたほうが走行性能の最大化とパンク防止に繋がります。可能な人は週1くらいで、最低でも月1くらいでは空気を入れて適切な空気圧を保つようにしましょう。

新しく購入するのであれば、空気圧がわかるメーターのついた空気入れがおすすめです!

できる限り着用しましょう「サイクルヘルメット」

サイクルヘルメット

通勤や通学程度ならヘルメットは不要と考える方もいるかもしれませんが、自転車は頭部損傷による死亡事故が63%(H29警察庁交通局)と過半数を占めているのをご存知でしょうか。

通勤や通学でクロスバイクに乗る方も、朝夕は車の交通量が多いので事故が起こる危険性も高い時間帯です。安全のためにも可能な限りヘルメットを着用しましょう。

おすすめのサイクルヘルメットはこちらでも紹介しています。
» 自転車用おすすめヘルメット7選と正しい選び方解説!【通勤、通学向け】

クロスバイク通勤の利便性がUPするアイテム

必須ではないものの、持っているとさらにクロスバイクライドが便利になるアイテムはこちら!

ハンズフリーで快適!「自転車用バックパック(リュック)」

自転車リュック

クロスバイク通勤や通学のお供に便利なのが自転車用バックパック。通気性の良いバックパックを選べば夏場の暑い時期でも快適さがUPします。

おすすめの自転車用バックパックが知りたい方は「自転車通勤にも使える、持っておきたいおすすめリュック11選!」をチェックしてみてください。

日焼け対策や防寒に「サイクルグローブ」

サイクルグローブ_ハーフフィンガータイプ

サイクルグローブは主にロードバイクなどのスポーツアクセサリーだと思われがちですが、クロスバイク通勤においても活躍してくれます。

グローブを着用することで走行時の滑り止めや振動軽減をしてくれるだけでなく、夏には日焼けの防止、冬には防寒といった効果も得ることが出来るのでおすすめですよ。

おすすめのサイクルグローブは「このサイクルグローブがおすすめ!人気の自転車用グローブ11選」をチェック!

日中の長距離サイクリングに!「自転車用アイウェア」

アイウェア

自転車用のサングラスは、サイクリングやロングライドに欠かせないアクセサリーの1つです。紫外線や乾燥から目を守るためだけではなく、埃や砂からも目を守る役割があるので、通勤時などに路面を走行する場合でも細かな粉塵やホコリから角膜を守ってくれます

特にロードバイクやクロスバイクでスピードを出して走行する場合はケガの可能性も高くなるので、出来れば1つ持っておくと良いでしょう。

自転車用アイウェア(サングラス)は種類も多いので、どれを選んだら良いかわからない方は「自転車用サングラスはどう選べば良い?選び方解説とおすすめサングラス7選!」を参考にしてみてください!

サイクルコンピューター

サイクルコンピューター_GPSモデル

サイクルコンピューターは自転車の走行距離やカロリー消費量、心拍や走行ルートなどを計測できる自転車アクセサリーです。

単純に便利というだけでなく、一度使うと自転車に乗るのが楽しくなってしまう機能が満載なのも魅力の1つ。まずはお手頃な入門モデルを付けてみるだけでも、クロスバイクライフが少し楽しくなるかもしれませんよ?

» 初めてのサイクルコンピューターにおすすめの人気9モデル!【選び方解説付き】

クロスバイク通勤の服装はどれが良い?

基本的には私服やスーツなどでも問題はないですが、通勤距離や季節に合わせてもう少し詳しく紹介しておきます。

長距離(片道10km以上)のクロスバイク通勤の場合

通勤距離が片道10kmを超えてくるとかなりな運動量になるので吸汗速乾性が良い服がおすすめです。ユニクロなどでも簡単に手に入るので、複数着持っておくと便利です。

夏のクロスバイク通勤の服装

夏のクロスバイク通勤時は「吸汗速乾性が良い」という点に加えて「UVカット付き」の服を選ぶと良いでしょう。

通勤時間が長いと日焼けも気になると思いますが、UVカット機能が付いた服であれば心配も軽減されます。吸汗速乾性の良い服であれば長袖でも暑さが気になりにくいので、持っていない方はぜひ検討してみると良いでしょう。

冬のクロスバイク通勤の服装

冬のクロスバイク通勤で寒さが気になるのは「手」や「首元」です。逆に「頭」や「背中」は熱が出ていく部分なので、手や首元に比べると寒さを感じにくいです。

寒さが気になる方はフルフィンガータイプのグローブを1つ持っておきましょう。最近のグローブだとつけたままスマホも操作できるので便利ですよ。
» このサイクルグローブがおすすめ!人気の自転車用グローブ11選

服は「アンダーウェア」 + 「ダウンorコートorウィンドブレーカー」を着れば十分に寒さ対策ができると思います。通勤距離が短ければユニクロのヒートテックなどでも十分ですが、距離が長い場合はモンベルのスーパーメリノウールの様な保温性と速乾性の高い素材を使っているもののほうがより快適です。



いかがでしたでしょうか?

クロスバイクは初心者でも気軽に始められますし、一度乗ると爽快感にやみつきになること間違いなしです。
是非自分にピッタリの1台を選んで快適なクロスバイク通勤をしましょう。



スポンサードリンク