cavite(キャビテ)のスペックとお得に買う方法を調べてみた

    アイキャッチ_cavite

    自転車通販サイマ(cyma)のプライベートブランドのクロスバイク「cavite(キャビテ)」。

    クロモリフレームのエントリーモデルにしてはお買い得な価格だったので、cavite(キャビテ)のスペックや口コミついて調べてみました。

    ▼cavite(キャビテ)はこちら
    » cavite(キャビテ) – 自転車通販「cyma -サイマ-」人気自転車が最大30%OFF!送料無料

    cavite(キャビテ)の特徴

    最大の特徴は「軽量で細身なクロモリフレームの車体」であることと、その「価格の低さ」です。

    cavite_細身のクロモリフレーム

    強度と剛性に優れ、有名メーカーのクロスバイクでも採用されているクロモリフレームを主軸に、MTB向けコンポーネントでAltusの上位グレードに当たるシマノ製「Acera」を搭載。シフターにはmicroSHIFT製の「TS38-7R」を採用しており、クロスバイク初心者でも指先で簡単に変速が可能です。

    クロモリフレームとは?

    「クロモリ」とはクロームモリブデン鋼の略称で、クロム・モリブデン・鉄の合金を指します。

    クロモリは強度に優れ、溶接が容易という特徴から自転車のフレーム以外にも自動車部品や航空機部品など様々な用途に使用されています。

    クロモリフレームのメリット

    クロモリの良さをざっくり3つにまとめると、

    • 耐久性が高く素材としての寿命が長い
    • “しなり”があり乗り心地が良い
    • 細身で見栄えの良いスタイルのフレーム

    という感じです。

    クロモリは鉄やアルミ、カーボンに比べ耐久性が高く、荷重をかけた時に独特な”しなり”を発生させるため一味違った乗り心地の良さを実感出来ます。

    また特徴的な細身なフレームも強度が高いからこそ実現出来るスタイルです。強度で劣るアルミフレームなどはパイプを太くして強度を補完しなければなりませんが、クロモリは細くても十分な強度を持つので、美しいホリゾンタルフレームに仕上がります。

    クロモリフレームのデメリット

    クロモリのデメリットもまとめると、

    • 重い
    • へこみやすい
    • 錆びやすい

    という感じです。

    これだけ見ると微妙な印象を受けてしまいますが、あくまで”アルミやカーボンに比べて”という意味です。

    重さの違いはせいぜい数百グラム程度なのでプロライダーでなければほとんど影響ありませんし、錆やすさに関しても最近のクロモリフレームであれば水抜き穴が開いているなどの対策がされています。へこみに関しても雑に乗って何かにぶつけまくったりしなければ問題ないでしょう。

    公平性を期すためにデメリットも上げましたが、どの点もエントリーモデルのクロモリクロスバイクであればメリットに比べて軽微なものでしょう。

    有名メーカーのクロモリフレームのクロスバイクは安くても5万円はする

    GIOSのAMPIO(アンピーオ)、RITEWAYのSTYLE(スタイル)など、有名スポーツ車ブランドのクロモリモデルは安くても5万円以上はします。

    クロスバイク_riteway-style
    参考:RITEWAY – STYLE ¥65,800(税抜)

    クロスバイク_gios-ampio
    参考:GIOS – AMPIO ¥79,800(税抜)

    cavite(キャビテ)は3万円程度なので、クロモリフレームのクロスバイクとしてはかなり安いほうです。

    なぜcavite(キャビテ)は価格が低いか

    恐らくですが、フレームサイズを日本人向けに絞っていて少品種で生産している分、価格も抑えられているのだと思います。

    GIANT(ジャイアント)などを筆頭にクロスバイクメーカーは海外のメーカーが多く、世界中のユーザーの体格に合わせる為に幅広いフレームサイズを生産しています。
    その反面、1サイズあたりの生産数が限られてくるので生産コストが嵩むのですが、サイマの場合は日本市場で日本人向けにのみ生産を行っているため、価格が抑えられているのだと思います。

    cavite(キャビテ)のパーツ仕様も良さそう

    caviteの本体価格の割には、パーツもコスパが良さそうな仕様でした。

    走行性能の高いシマノ製Aceraを搭載

    cavite_Acera

    7段変速のシマノ製「Acera RD-M360」を搭載し、平坦な道でも坂道でも幅広く活躍するスペックに。

    ハンドル周りはすっきりシンプル

    cavite_ハンドル

    反射板をヘッドチューブ前に装着することでハンドル周りはスッキリとシンプルに、クロモリフレームの細身なスタイルを演出しています。

    また、マイクロシフト製変速機を搭載していて指先ひとつで簡単にギアを変更出来ます。

    ペダル、クランクはシルバーパーツで統一

    cavite_ペダル
    cavite_クランク2

    ペダルとクランクがシルバーで統一され、カラーバランスが良いです。チェーンリングも付いているので、走行中のチェーンによる裾汚れを防いでくれます。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか?

    cavite(キャビテ)はクロモリフレーム仕様のクロスバイクとしてはとてもお手軽価格でスペックも悪くないので、初めてクロスバイクに乗る方にもおすすめの1台です。

    ▼cavite(キャビテ)はこちら
    » cavite(キャビテ) – 自転車通販「cyma -サイマ-」人気自転車が最大30%OFF!送料無料

    cavite(キャビテ)をお得に買う方法を紹介!

    cavite(キャビテ)が買えるのは今の所「サイマ(cyma)」だけなのですが、サイマでお得に購入する方法がありますので紹介しておきます。

    セールやキャンペーン期間中に買う

    販売店のサイマ(cyma)ではセールやキャンペーンが定期的に開催されているので、タイミングを合わることでお得に購入できます。
    通常時1,000円以上するカギや空気入れが無料でもらえる事もあったりするので、定期的にチェックしておきましょう。

    » サイマでセール・キャンペーンをみる

    サイマのクーポンをGETする

    サイマ(cyma)のメルマガ登録をすると「500円OFFクーポン」をもらえます。しかも自転車購入後、メルマガが不要であればメルマガ内の解約リンクから簡単に解約手続きも出来ます。

    誰でも使えて取得も簡単なので、購入を考えている人は是非取得しておくことをおすすめします!

    » わずか1分でサイマ(cyma)のクーポンをGET!取得方法と使い方紹介

    販売サイトのサイマ(cyma)の評判は?

    ついでにはなりますが、cavite(キャビテ)の販売サイトであるサイマ(cyma)の評判も紹介しておきます。

    サイマの特徴としては、

    1. どの自転車も全品送料無料で購入出来る
    2. 資格を持つ整備士が在籍しており組立・整備された状態で自転車が届く
    3. 「パンク修理」「ブレーキ修理」「チェーン修理」「鍵の解錠」の無料補償がある
    4. 防犯登録、自転車保険に加入出来る
    5. 盗難補償や自転車パーツ10%OFFなどの補償サービスも充実している

    という感じで、ネット通販にしては安心度が高い販売店です。運営も東証一部の上場企業が行っていて、自転車通販サイトの規模としても結構大きい方なのだと思います。

    私は過去にサイマで自転車を購入した経験があるので、気になる方はこちらも参考にどうぞ↓

    サイマ(cyma)の評判・口コミは?自転車を買ってみた感想と安く買う方法まとめ



    スポンサードリンク