ハイディ2(ハイディ ツー)の性能は口コミ通り?実物を見てわかった本当の評価

hydee2 アイキャッチ

ハイディ2(ハイディ ツー)はブリヂストンサイクルが発売するビーチクルーザータイプの子供乗せ向け電動アシスト自転車です。

「20インチの電動アシスト自転車と何が違うの?」「ハイディ2(ハイディ ツー)は何がおすすめなの?」

今回はそんな声にお答えすべく、自転車販売経験の豊富な筆者がハイディ2(ハイディ ツー)の実物レビューを紹介していきます!

ハイディ2(ハイディ ツー)はどんな子乗せ電動自転車?

hydee2 black

ハイディ2(ハイディ ツー)はブリヂストンサイクルが発売している子供乗せ向けの電動アシスト自転車です。

人気女性雑誌「VERY」とのコラボで生まれたハイディ2(ハイディ ツー)は、子供乗せ電動アシスト自転車としては珍しいスポーティなシルエットで、ママ・パパで兼用できるカッコ良さがポイントです。

タイヤサイズも26インチを採用しているので、長身の方でも窮屈さを感じない乗り心地が◎。

お子様が成長した後はチャイルドシートを外すことで普通の電動アシスト自転車としても使用できる長期利用に向いたモデルです。

ハイディ2(ハイディ ツー)の2020年モデルと2019年モデルは何が変わったの?

ハイディ2の2020年モデルはスペック、価格ともに据え置きで2019年モデルとの変更点はありませんでした

ハイディ2は2018年モデルから2019年モデルになる際に大幅なスペックアップがあったので、今年は変更無しということになったのかもしれません。

2018年モデルと2019年モデルの違い・変更点は以下のとおりです。

モデル2018年モデル2019年モデル
適応身長147cm~
(3人乗り時
159cm~)
145cm~
(3人乗り時
157cm~)
車体重量30.5kg30.9kg
バッテリー
容量
12.3Ah14.3Ah
充電時間3.5時間4.1時間
走行距離・オートエコ
モードプラス:62km
・標準モード:54km
・強モード:44km
・オートエコ
モードプラス:88km
・標準モード:62km
・強モード:41km
車体カラー2色5色
両輪駆動
システム

2019年モデルではバッテリー容量が1段階強化され、1度の充電で走行できる距離が最大26km(オートモード時)伸びています。

2019年モデル以降は両輪駆動システムが搭載されている

hydee2 2019年2018年比較

また、ブリヂストンが独自開発したアシストシステムの「両輪駆動システム」も2019年モデルから新たに搭載されています。

hydee2 charging

走りながらバッテリーを充電するため、4日の走行で約1日分の充電が貯まる優れもの。電動アシスト自転車としての大幅な性能UPと言えるでしょう。

hydee2 液晶パネル

自動充電機能の搭載によってアシスト制御パネルもスマートな形に変更されています。

カラーは5色展開

ハイディ2(ハイディ ツー)のカラーは2018年モデルが2色だったところから2019年モデルでは5色に。

シックで落ち着きのあるカラーが2種類追加、明るいF.Xアクティブレッド1色が新たに追加されました。

ハイディ2(ハイディ ツー)の性能は口コミ通り?実物を見てわかった本当の評価

それではここからは、ハイディ2(ハイディ ツー)の実物を見ながら性能レビューをしていきます!

まずは特徴的なタイヤから。

hydee2 タイヤ

ハイディ2(ハイディ ツー)はセミスリックのブロックタイヤを採用しています。

サイズは26インチx1.95インチ。タイヤの横幅が5cmほどあるので走行時の安定感が高く、20インチの自転車に比べて直進走行性が高いです。

スポーツバイクルックな見た目も他の子乗せ自転車にはない格好良さがあって、おしゃれさを求めたい層の人気を得ています。

hydee2 バッテリー

バッテリーはブリヂストンのバッテリーの中でも性能の高い「B400」を搭載。容量は14.3Ah相当と他社メーカーの電動自転車と比べても大きめ容量のバッテリーです。

フットレストが可変型でチャイルドシートのサイズ調整が出来る

hydee2 フットレスト

ハイディ2(ハイディ ツー)に搭載されているチャイルドシートはフットレストが可変型になっているため、子供の成長に合わせてサイズを調整することができます

サイズは全3段。ドライバーがあれば取り付け・取り外しが簡単にできます。

hydee2 ドレスガード

フットレストの内側にはドレスガードがついているため、走行時に衣服や子供の足の巻き込みを防いだり、泥跳ねなどの汚れも防止してくれます。

子供を後ろのチャイルドシートに乗せると走行中に目を向けられないのですが、このようにガードがついていると安心できますね。

» ハイディ2(ハイディ ツー)の最安値ショップを見る

雨の日も自転車に乗るならレインカバーは必須アイテム!

hydee2 レインカバー

雨の日や寒い季節でも子供の送り迎えで自転車に乗る必要がある方は、レインカバーがあるとかなり便利です。

子供にレインカバーを着せるよりも、チャイルドシートごとカバーで覆ってしまったほうが濡れにくいですし、走行中の風も防げるので寒さも多少緩和されます。

傘差し運転は道交法で禁止されていますし、何より子供を乗せて運転するには非常に危険なので絶対にやめましょう。

純正のリヤチャイルドシートルームはメーカー希望価格9,980円(税抜)で発売されています。

» レインカバーの最安値ショップを見る

通販でハイディ2(ハイディ ツー)を買うならどのお店がおすすめ?

最近では通販で電動アシスト自転車を買う人も増えてきています。

一般的に通販はお店に比べて価格が安いというメリットがありますが、電動アシスト自転車は価格だけで選ぶと購入後の保証がなかったり自分で自転車を組み立てる必要があったりと不都合な事もあるので、しっかりとした通販店で購入することをおすすめします。

もしまだお店選びをしていない方や、どこで買おうか迷っている方がいたら合わせて以下の内容も参考にしてみてください。私も利用したことがある自転車通販サイトです。

おすすめその1「自転車通販 サイマ(cyma)」

サイマ(cyma)

私の一番のおすすめは「自転車通販サイマ(cyma)」という通販サイトです。

サイマは自転車専門の通販サイトで購入後のアフターサポートがかなり充実しています。

提携している自転車店で年3回まで無料修理が受けられたり、盗難補償なども最大6ヶ月無料でついています。また、ハイディ2製造元のブリヂストンのメーカー保証も問題なく受けられます。

購入した自転車も資格を持つ整備スタッフが組立と整備をしたものを配送してくれるので届いてすぐ乗ることが出来るのも嬉しいポイントです。

また、自転車は大型の商品なので通販で買うと高い送料(数千円〜高いと1万円以上)がかかる店ばかりなのですが、サイマは関東関西中部エリア中心に多くの地域で送料無料で注文できます。
その他の地域も比較的安い送料で注文出来るので、気になる方は自分の住んでいる地域の送料をチェックしておきましょう。
» サイマの送料無料エリアはこちら

▼サイマ(cyma)でハイディ2(ハイディ ツー)を見る
» ハイディ2(ハイディ ツー) – 自転車通販サイマ(cyma) 人気自転車が最大30%OFF!送料無料

私が以前サイマで自転車を購入した際のレビューは「サイマ(cyma)の評判・口コミは?実際に自転車を買ってみた感想まとめ」にまとめていますので、気になる方は参考にどうぞ。

おすすめその2「サイクルベースあさひ」

通販サイト_サイクルベースあさひ

次におすすめなのが、「サイクルベースあさひの通販サイト」です。

日本最大手の自転車チェーン店舗であるサイクルベースあさひが運営しており、アフター補償もしっかりしています。

サイマに比べて送料が高いのがネックですが、お店まで自転車を受け取りに行くと送料が無料になるので、近くにあさひの店舗がある方はあさひの通販で買うのもオススメです!

▼サイクルベースあさひはこちら
» サイクルベースあさひ楽天市場店

サイクルベースあさひを利用した際のレビューも「サイクルベースあさひで自転車を購入。通販の評判・口コミは?」にまとまっていますので、合わせて参考にしてみてください。



スポンサードリンク