自転車通勤にも使える、持っておきたいおすすめリュック11選!

    アイキャッチ_自転車通勤にもおすすめのリュック

    自転車通勤、通学用にリュックを買う方も多いと思いますが、通常時と違って”自転車用”のリュックを選ぶ際に抑えておきたいポイントは何か、ご存知でしょうか?

    今回は自転車に適したリュックの選び方ポイントと、おすすめリュックをご紹介していきます!

    自転車用リュックの選び方ポイント

    自転車用リュックの選び方ポイントは以下の4点です。

    • 通気性が良い
    • 軽い
    • 容量が大きい
    • 防水性能が高い

    通勤や通学用にリュックを選ぶ場合は、軽くて容量が大きいのはもちろん、雨の日でも大丈夫な防水性能の高いものがおすすめです。

    また、自転車に乗る時間が長い場合は通気性の良いリュックを選ぶと良いでしょう。自転車走行中は背中とリュックが密着するので発汗して背中が蒸れてきます。通気性の良いタイプを選んでおくと、暑い時期でもより快適な自転車通勤が出来ます。

    自転車用リュックは通気性が重要!

    通気性の良いリュック

    自転車用にリュックを選ぶ場合は通気性が重要なポイントです。自転車走行中は背中とリュックが密着するため、夏場に限らず長距離を走ると汗でベタベタになってしまいます。通気性の良いリュックを選んでおくと毎日の通勤や通学もグッと快適になりますよ。

    軽いものがおすすめ

    軽量なリュックを選ぼう

    自転車用のリュックは登山などのアウトドア用リュックでも代用出来ますが、通勤・通学メインで使うのであればなるべく軽いものを選びましょう。PCやタブレットなど、重い荷物を入れる場合も多いので、リュック自体は軽くて丈夫なものがおすすめです。

    通勤・通学用なら防水性能の高いリュックを

    防水性能の高いリュック

    毎日のように自転車通勤をする方なら、突然の雨に見舞われてしまう場合もあります。そんなときに大切な中身が雨に濡れてしまわないよう、防水性能の高いリュックを選んでおくと良いでしょう。

    自転車通勤・通学にも使えるおすすめリュック11選!

    それでは、自転車通勤・通学にも使えるおすすめのリュックを紹介していきます!

    Deuter(ドイター) ステップアウト 22

    ドイツの有名リュックブランド「Deuter(ドイター)」の通勤向けリュックです。メインコンパートメントとドキュメントコンパートメントがあり、書類や封筒などを汚すこと無く別々に収納できます。3Dエアメッシュカバー付きで高い背面通気性を実現していて、体の曲線に合わせたS形設計で高いフィット感も得られるリュックです。

    Paladineer(パラディニア) サイクリングバッグ

    ブランドにこだわりの無い方におすすめの、お手頃価格な自転車用リュックです。メッシュ素材を採用していて通気性も良く、ショルダーストラップで体型に合わせてフィット位置を調整できます。

    KINGSONS(キンソンス) ビジネスリュック

    ビジネスシーンにも利用できるシックなカラーの自転車用リュックです。USBケーブルを指せる口が外側に付いており、手軽にスマホやPCなどの充電が出来ます。

    ALLCAMP 防水リュック

    大雨の中でも自転車通勤・通学が出来る、防水性と密封性に優れたALLCAMPのリュックです。表面素材の《ターポリン》は、ポリエステル系の繊維を合成樹脂フィルムではさんで溶着したもので、摩擦にも強い生地です。また40Lと大容量なので、スーツなどの衣類もたくさん収納できます。

    Kroeus(クロース) バックパック

    15.6インチのPCが入る専用ポケットがついた大容量リュックです。他にもタブレット、大型封筒、A4ファイルなど、ビジネスシーンで利用するアイテムを収納しやすい工夫が施されています。厚手のオックスフォード生地を使い、耐摩擦性・抗引裂性も良く、撥水加工がされているので耐水性にも優れています。

    Deuter(ドイター) ストラーセ25

    こちらも15.6インチのPCがすっぽり入る、ドイツの有名リュックブランド「Deuter(ドイター)」のタウンユースモデルです。ステップアウト22同様に、エアストライプシステムを採用しているので、より高いフィット感と、高い背面通気性を兼ね備えています。

    THE NORTH FACE(ノースフェイス) Borealis

    毎日の通勤から休日のサイクリングまで、幅広く活用できるノースフェイスの28Lデイパックです。フリースライニングとネオプレンの保護パッドを配備した専用スリーブを装備していて、15インチまでのノート型PCが収納可能です。サイドのメッシュボトルポケットやフロントバンジーコードなど、使い勝手を良くする機能が満載です。また、肩にかかる負荷を分散する設計がされており、荷物をたくさん入れても快適な背負い心地が得られます。

    THE NORTH FACE(ノースフェイス) Pivoter

    開口部が大きく、荷物の整理も容易にできるD型オープンを採用した通勤・通学にピッタリのデイパックです。15インチまでのノート型PCが収納できます。このモデルも肩にかかる負荷を分散する設計がされており、荷物をたくさん入れても快適な背負い心地が得られます。

    THE NORTH FACE(ノースフェイス) BC FUSE BOX 2

    THE NORTH FACEの人気ロングセラーモデルのヒューズボックスⅡ。擦強度と耐水性に優れるTPEファブリックラミネートポリエステルを使用しているので雨にも強く通勤・通学などのデイリーユースに適しています。実用的な用途が魅力のデイパックです。

    SHIMANO(シマノ) U-10

    長距離の自転車通勤におすすめのSHIMANO(シマノ)純正のサイクリングバッグです。余分なストラップがなく非常に軽量で、特別にデザインされたハーネスフックにより、素早く簡単な取付け調整が行えます。ロードバイクでの本格的なサイクリングにもピッタリのリュックです。

    SHIMANO(シマノ) T-17

    自転車通勤や街中でのゆったりサイクリングに適したSHIMANO(シマノ)純正のリュックです。ノートPC、書類、充電器、コード、ジャケットなど、さまざまなアイテムが収まるポケットが配置されています。都会のサイクリストにも適したアーバンデザインもおすすめポイント。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか?

    今回は通勤や通学にもピッタリのおすすめ自転車用リュックを紹介しました。選び方ポイントをしっかりと抑えて快適な通勤・通学ライフを送ってくださいね。



    スポンサードリンク