通勤におすすめな自転車とは?5つの選び方ポイントと人気自転車24選!

通勤におすすめの人気自転車を紹介

通勤用の自転車と言っても種類は様々。どんな機能や値段の自転車が適しているのか、迷ってしまいますよね。

今回は通勤におすすめの自転車を選び方のポイントと合わせて紹介していきます。

※2018年7月19日 おすすめ車種を更新しました!

目次

通勤におすすめな自転車とは?

自転車には様々な種類や価格がありますが、通勤自転車は利用シーンに合わせて選ぶのが一番のポイントです。

走行距離や走る場所、予算感をかけ合わせれば、自分にピッタリの1台を選ぶことできます。

通勤自転車選びの5つのチェックポイント

自分に合う通勤自転車はどれ?

通勤用の自転車を選ぶ際のポイントをざっくり5つにまとめると、

  1. 通勤距離
  2. どんな道を走行するか
  3. 見た目もこだわりたいか
  4. どれくらい予算があるか
  5. サイクリング等の趣味にも使いたいか

という感じです。

この中で特に大切なポイントは「通勤距離」。通勤距離が短ければ通勤自転車の選択肢は幅広いですが、通勤距離が長い場合はクロスバイクやロードバイク、電動自転車が適しています。

また人や信号の多い市街地を走行する場合や駐輪場が狭い場合はコンパクトな車体の「ミニベロ」、坂道が多い場合は「電動自転車」という様に、住んでいる地域によってもおすすめな自転車が変わってきます。

自転車ごとの特徴は?通勤自転車をタイプ別に紹介

通勤自転車は人によっておすすめ車種が違います

ここからは自転車の種類ごとの特徴と、どんな人におすすめのなのかを紹介していきます。

汎用性の高いママチャリ(シティサイクル)

ママチャリ(シティサイクル)

ママチャリ(シティサイクル)の特徴

一番身近でオーソドックスなタイプの自転車です。荷物を乗せることを前提に設計されているため、他のタイプの自転車に比べて重心が低くふらつきにくいです。

ママチャリ(シティサイクル)のメリット

価格が安いのが一番の魅力です。ライトや泥除け、カゴなどの周辺パーツも充実しており、キャリアがついた自転車であればチャイルドシートを取り付けることも可能です。(※クラス27キャリアが取り付けられる自転車に限ります。)

ママチャリ(シティサイクル)のデメリット

車体重量が重く長距離の走行には向きません。また安定した漕ぎやすさを優先しているためギア比が軽くスピードを出しにくいです。

ママチャリ(シティサイクル)の通勤距離の目安

通勤の場合は10km以内であれば現実的な範囲内です。信号が多いと平均時速は10km/h〜15km/h程度なので、毎日の通勤で片道30分は結構ハードです。
職場まで10km以上ある場合はママチャリ(シティサイクル)はおすすめ出来ません。

ママチャリ(シティサイクル)の価格帯

安い変速なしのモデルで1万円前後、耐パンクなどの高い多機能モデルで5万円程度です。一番選ばれているのは「変速」「オートライト」が付いた2万円前後のモデルで、どんな利用シーンでも使えるためラインナップも多く人気です。

こんな人はママチャリ(シティサイクル)がおすすめ!

  • 通勤距離は10km以下
  • 出来るだけ安く買いたい
  • 買い物など日常使いもしたい

▼ママチャリの選び方のコツなど、もっと詳しく知りたい方はこちら
» 初心者必見!ママチャリ選び方のコツとおすすめ人気自転車12選

通勤用として利用者急増中のクロスバイク

クロスバイク通勤

クロスバイクの特徴

クロスバイクはロードバイクとマウンテンバイクの中間的な存在で、スポーツタイプの車体の中でも初心者が乗りやすいのが特徴です。街中での利用からロングライドまで幅広く利用できるのが人気の理由です。

クロスバイクのメリット

ママチャリ(シティサイクル)に比べてスピードを出しやすく、長距離の走行にも優れています。またロードバイクほど前傾姿勢にならないため肩肘張らずにフラットな感覚で乗ることが出来るのもクロスバイクの魅力の1つです。

クロスバイクのデメリット

ライトやカギが付属していない車体が多く、別途購入する必要があるためママチャリ(シティサイクル)に比べてやや価格が高いです。

クロスバイクの通勤距離の目安

クロスバイクでの通勤は5km〜20kmが目安ですが、5km以内の近距離で利用する場合ももちろん問題はありません。

クロスバイクの価格帯

初心者向けのエントリーモデルであればブランドにこだわらなければ2万円〜3万円程度で購入できます。機能性も大きく変わらないので問題はありません。

ジャイアント(GIANT)やビアンキ(Bianchi)などの有名メーカーのエントリーモデルは5万円前後しますが、その分機能やパーツが少し良いものが使われています。本格仕様の高いモデルだと30万を超えるモデルもあり、価格はピンきりです。

こんな人はクロスバイクがおすすめ!

  • 通勤距離は5km〜20km程度
  • 走行性と見た目のかっこよさの両方が欲しい
  • たまには休日にサイクリングもしたい

▼こちらの記事でもクロスバイク通勤のよくあるQ&Aや、最新のおすすめクロスバイクをたくさん紹介しています。
» 通勤におすすめなクロスバイクと選び方や服装、全て解説!

おしゃれで女性にも人気のミニベロ

女性におすすめのミニベロ

ミニベロの特徴

フランス語で「小さな自転車(mini vélo)」という意味を持つミニベロはタイヤが20インチとコンパクトな自転車です。
カジュアルなシティユースに最適のモデルからロードバイクにも劣らない本格的な走行性能も持つモデルまで、幅広いラインナップがあります。

ミニベロのメリット

タイヤが小さいためハンドルの取り回しがしやすく、漕ぎ出しも軽いので人や信号の多い街中での走行に優れています。また、車体が小さいため都市部など駐輪スペースが狭いorないエリアでも駐車しやすいのもメリットの1つです。

見た目にもこだわったモデルも多く、デザイン性の高さからファッションの一部としての人気も高いです。

ミニベロのデメリット

変速のないモデルやギア比の軽いモデルはクロスバイクやロードバイクに比べて長距離走行に向いていません。またタイヤサイズの小ささは走行スピードには悪影響を与えませんが、ママチャリ(シティサイクル)に比べてタイヤと地面との接触回数が多く摩耗が少し早いです。

ミニベロの通勤距離の目安

およそ10〜15km以内が目安ですが、走行性の高いモデルであればクロスバイク同様20km程度は現実的な範囲内です。

ミニベロの価格帯

通勤に適した汎用的な機能を搭載したモデルで2万円〜3万円程度、ビアンキ(Bianchi)やジオス(GIOS)などの走行性の高いモデルはエントリーモデルで5万円前後、高いものだと10万円以上のモデルもあります。

こんな人はミニベロがおすすめ!

  • 通勤距離は10〜15km以内程度
  • どうせ乗るなら見た目にもこだわりたい人
  • 人や信号の多い街中を走行する機会が多い人
  • 都市部に住んでいて駐輪スペースが狭い人

▼ミニベロでの通勤、おすすめ車種に関してさらに詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にどうぞ。
» ミニベロは通勤におすすめ?最適な通勤距離、おすすめミニベロを厳選紹介!

片道20km以上の長距離ライドならロードバイク

15km以上の長距離ライドならロードバイク

ロードバイクの特徴

長距離の手軽な移動手段のひとつとして人気が出てきているロードバイクは、もともと長距離ツーリングのために設計された自転車です。

空気抵抗が少なく10kg以下の軽量な車体でスピーディに走行出来るため健康志向の方に限らず利便性が高く、人によっては電車通勤よりも短い時間で通勤出来るようになります。

ロードバイクのメリット

なんといっても圧倒的なスピードが魅力です。平坦な道でも時速40kmほどで走行が可能で、一度乗ってしまうと爽快感の虜になります。また通勤用に買った人でも、疾走感、爽快感を楽しいと感じるようになり休日のロングライドが趣味の1つになる方も多く見えます。

ロードバイクのデメリット

本体価格が高く、パーツやアセンブルにこだわるとどこまでもこだわれてしまうため、お金がかかります。また他の自転車に比べスピードを出すために軽量化されている反面、製品として繊細に作られている部分が多く、乱暴に扱うとメンテナンスの回数も増えてしまいます。

ロードバイクの通勤距離の目安

片道20km以上であれば断然ロードバイクがおすすめです。やや緩やかな姿勢で長距離通勤をしたい場合は「エンデュランスロード」と呼ばれる長距離走行モデルを。少し荒れたオフロードも走りたいのであれば太めのタイヤを履いた「シクロクロスバイク」「グラベルロード」が最適です。

ロードバイクの価格帯

初心者の方は10万円前後のエントリーモデルがおすすめです。高いものだと100万円以上するものもありますが、それはロードバイクにのめり込むようになったら検討すればOKです。

エントリーモデルにも様々なブランドがありますが各ブランドエントリーモデルのパーツグレードはおよそ同等なので、まずは見た目や色で気に入る1台を選ぶのをおすすめします。

こんな人はロードバイクがおすすめ!

  • 通勤距離が片道20km以上
  • 予算に余裕がある人
  • 自転車を健康目的や趣味にもしたい人
  • 爽快感や疾走感を楽しみたい人

一度乗ると圧倒的な快適さに驚く電動自転車

一度乗ると圧倒的な快適さに驚く電動自転車

電動自転車の特徴

長距離の手軽な移動手段のひとつとして人気が出てきているロードバイクは、もともと長距離ツーリングのために設計された自転車です。

空気抵抗が少なく10kg以下の軽量な車体でスピーディに走行出来るため健康志向の方に限らず利便性が高く、人によっては電車通勤よりも短い時間で通勤出来るようになります。

電動自転車のメリット

ロードバイクとは全く違った快適さがあり、まさに快適で気楽。発進時、走行中はもちろん坂道での電動モーターによるアシストは一度乗ってしまうと普通の自転車に戻れないほど、快適さが段違いです。

都市部にお住まいの方ならもはや当たり前になってきましたが、子供を乗せる自転車は電動自転車以外使っている人はいないというくらい、電動自転車の利用者が増えてきました。長距離の通勤用としてもかなり注目が集まっており、ロードバイクはちょっと、、、という方が次々に電動自転車に乗り換えているほど人気が高まってきています。

電動自転車のデメリット

本体価格が高い点以外はデメリットというデメリットはありません。強いて言えばバッテリー充電の手間がかかるくらいですが、1日充電すれば1週間乗り続けても大丈夫なモデルもあります。

電動自転車の通勤距離の目安

片道20kmまでの距離であれば、ママチャリ(シティサイクル)タイプの電動自転車でも十分現実的な範囲内です。

片道20km以上の通勤距離であれば、クロスバイク・ロードバイクを電動化したスポーティなタイプの電動自転車がおすすめです。

電動自転車の価格帯

8万円〜10万円程度で購入できます。メーカーはブリヂストン(BRIDGESTONE)、パナソニック(Panasonic)、ヤマハ(YAMAHA)の3大メーカーの電動自転車が品質が高くバッテリー性能も良いのでおすすめです。

スポーツタイプの電動は10万円〜30万円と少し値段が張りますが、その分1回の充電でのアシスト走行距離が長かったり、車体自体のスペックも良かったりと価格分の納得感があります。

こんな人は電動自転車がおすすめ!

  • 通勤距離が片道5km〜20km以上
  • 予算に余裕がある人
  • 通勤路に坂道が多い都市部の人

持ち運びや収納に便利な折りたたみ自転車

折りたたみ自転車の特徴

フレームやハンドルを折りたためる自転車です。折りたたむと狭いスペースにも配置出来るため玄関に収納したり、休日は車に乗せてドライブに行く方も多く見られます。

折りたたみ自転車のメリット

ミニベロ同様タイヤサイズが20インチとコンパクトなため、折りたたまなくてもママチャリ(シティサイクル)に比べ場所を取らず、狭いスペースにも駐車できたり折りたためば玄関に置いたりすることも出来ます。慣れれば10秒足らずで折りたたむ事が出来ます。

またエレベーターにも乗るので都市部に住んでいる方はなにかと便利です。

折りたたみ自転車のデメリット

ミニベロと同じでタイヤが小さいため、ママチャリ(シティサイクル)に比べてタイヤと地面との接触回数が多く摩耗が少し早いです。

折りたたみ自転車の通勤距離の目安

片道10km以内の距離が適しています。それ以上の長距離は折りたたみ自転車としてのメリットが出にくくあまりおすすめできません。

折りたたみ自転車の価格帯

変速やライトが付いた汎用モデルであれば2万円〜3万円程度で購入できます。高いものだと10万円を超えるモデルもありますが、輪行と呼ばれる旅行時向けの超軽量モデルが多いので通勤用としてはあまり適していないです。

こんな人は折りたたみ自転車がおすすめ!

  • 通勤距離が片道10km以内
  • 駐輪スペースが狭い都市部の方

通勤におすすめの最強人気自転車24選

自転車ごとの特徴はチェックできたでしょうか?

それでは自転車のタイプ別におすすめの人気通勤自転車を紹介します!

ママチャリ(シティサイクル)のおすすめ自転車

お手頃価格なママチャリから機能性の高いママチャリまで、コスパと走行性に優れた自転車をピックアップ!

メイファ 26インチ

メイファ 26インチ

20,980円〜(税込)

販売サイトで詳しくみる

スペック
6段変速、BAAマーク付き、リング錠付き、またぎやすい低床設計、ステンレスハンドル

おすすめポイント!
6段ギアでスイスイ漕げるシティサイクルで厳しい安全基準に合格した証のBAAマークを取得しており、フレーム強度も高い為長く乗れる自転車です。

Mixte City 26インチ

Mixte City 26インチ

32,300円〜(税込)

販売サイトで詳しくみる

スペック
26インチ、外装6段変速、LEDオートライト、音鳴りしにくいローラーブレーキ、BAA適合車

おすすめポイント!
細身でスタイリッシュなミキストフレームが特徴的なMixte city。その真価は見た目だけでなく機能性にもあり、坂道でもぐんぐん進む6段変速や夜道を明るく照らすLEDオートライト、音鳴りがしにくいローラーブレーキ、頑丈なアルミフレームのボディに滑り止め付きのペダルまで搭載。デザイン性の高さと乗りやすさを高いレベルで両立した通勤向けの1台です。

Lupinus(ルピナス)LP-266TD-K 26インチ

Lupinus(ルピナス)LP-266TD-K 26インチ

16,900円(税込)

楽天で詳しくみる

スペック
外装6段変速、ダイナモライト

おすすめポイント!
ロゴや装飾がシンプルで無駄がない分非常にお買い得価格なママチャリです。機能が良ければ良しという方にはおすすめの1台です!

アジェンダ BAA260HD-J 26インチ

アジェンダ BAA260HD-J 26インチ

13,980円(税込)

楽天で詳しく見る

スペック
変速なし、BAAマーク付き、リング錠付き

おすすめポイント!
短い距離しか走らず出来る限り安い自転車が良いという方におすすめの丈夫でスタンダードなママチャリ(シティサイクル)です。

MARKROSA 7S 27インチ

MARKROSA 7S 27インチ

40,240円(税込)

販売サイトで詳しくみる

スペック
27インチ、外装7段変速、軽量アルミフレーム、LEDオートライト、音鳴りしにくいローラーブレーキ、BAA適合車

おすすめポイント!
「洋服のように、似合う自転車を選ぶ。」そんなコピーを掲げるブリヂストンのグリーンレーベルブランドの自転車です。スポーティな走りとまたぎやすさを両立したスタッガードフレームを採用し、アルミフレームで軽量に仕上げた車体はママチャリとは思えないほどの軽やかな走行性を実現します。

Celesteno(セレスティーノ) 27インチ

Celesteno(セレスティーノ) 27インチ

28,800円〜(税込)

販売サイトで詳しくみる

スペック
27インチ、外装6段変速、LEDオートライト、BAA適合車

おすすめポイント!
ストレートでシンプルなフレーム形状に落ち着いたベーシックカラーのカラーリング。飽きのこない組み合わせで、長く使える実用性も兼ね揃えた自転車です。クラシカルなテリー型サドルと砲弾型ライトが見た目のおしゃれさをさらにプラスしています。機能としては6段変速、LEDオートライトと便利なパーツを標準搭載し、毎日使う通勤用として嬉しい仕様の1台に仕上がっています。

クロスバイクのおすすめ自転車

有名ブランドから無名ブランドまで、初心者でも問題なく乗れる品質と走行性能の良いクロスバイクをピックアップ!ブランドにこだわりがない人はノーブランドのクロスバイクでも十分な走行性能を得られます。

ESCAPE R3 GIANT 2019年モデル

ESCAPE R3 GIANT 2019年モデル

56,160円(税込)

販売サイトで詳しく見る

スペック
24段変速、Vブレーキ

おすすめポイント!
ESCAPE R3は人気ブランドGIANTのエントリーモデルで、クロスバイクの軽快な走りをより身近なものとし、快適性や日常使いの耐久性のバランスにこだわったGIANT内でもベストセラーのクロスバイクです。700x28Cタイヤのオンロード快速性能とマウンテンバイク由来のワイドレンジな24段変速で、自転車通勤から週末サイクリングまで幅広く対応出来るスペックです。

CHRYS(クライス)

CHRYS(クライス)

26,800円〜(税込)

販売サイトで詳しくみる

スペック
6段変速、Vブレーキ、泥除け付き

おすすめポイント!
走行性能とクラシカルなデザインを併せ持ったクロスバイクです。泥除けが標準装備されているので衣服が汚れず通勤用途にピッタリの1台です。

cyma primer

cyma primer

29,500円〜(税込)

販売サイトで詳しくみる

スペック
7段変速、Vブレーキ、軽量アルミフレーム

おすすめポイント!
女性でも扱いやすい軽量なアルミフレームを採用しており、上り坂も楽に漕げる軽いギアからスピードにのりやすい7段変速を搭載しているので、男女問わず通勤用に適した1台です。

MISTRAL GIOS(ジオス)

MISTRAL GIOS(ジオス)

46,818円(税込)

販売サイトで詳しく見る

スペック
24段変速、Vブレーキ

おすすめポイント!
イタリアブランドのGIOS(ジオス)のお手頃な価格なエントリークロスバイクです。アルミフレームにクロモリフォークを搭載した、気軽にクロスバイクの楽しさを味わえるシンプルなモデルです。タイヤサイズは700X28Cを搭載しており安定感に優れています。コンポはシマノALTUSの24段変速で、ワイドなギア幅により平坦な道でも坂道でも場所を選ばず快適な走行性を実現しています。

ルイガノ (Louis Garneau) LGS-AE

ルイガノ (Louis Garneau) LGS-AE

42,984円(税込)

販売サイトで詳しく見る

スペック
24段変速、Vブレーキ

おすすめポイント!
ポップなカラーやファッション製の高さで人気のルイガノのエントリークロスバイクです。アルミを採用した軽量なカラーフレームにブラックパーツで統一した車体は引き締まったデザインに仕上がっています。ストレート形状のフロントフォークはダイレクト感のあるハンドリングを生み出し、キビキビとした走行性を実現。少し太めの700×28Cサイズのタイヤは走行性とクッション性のバランスに優れ、路面からのショックを吸収しながら歩道の段差などもストレスなく走り抜けることができるでしょう。またフレームサイズが370~520mmまで幅広く選択できるので女性・男性問わず人気の1台です。

CAMALEONTE 1 ビアンキ 2018年モデル

CAMALEONTE 1 ビアンキ 2018年モデル

63,342円〜(税込)

楽天で詳しく見る

スペック
8段変速、Vブレーキ

おすすめポイント!
人気ブランドのビアンキ(Bianchi)のエントリーモデルです。リア8段変速でフレームのパイプの厚さが工夫され軽量なクロスバイクに仕上がっており、湾曲したフォーミングチューブにより振動吸収性にも優れているため毎日の通勤も快適です。

サカモトテクノ CORTEZ(コルテス)

サカモトテクノ CORTEZ(コルテス)

34,400円〜(税込)

販売サイトで詳しくみる

スペック
6段変速、LEDオートライト、Vブレーキ、軽量アルミフレーム

おすすめポイント!
クロスバイクにビジネスカバンもラクラク入るワイドな前カゴと泥ハネ防止の泥除け、LEDオートライトといった実用性の高いパーツを装着したシティクロスです。どんな利用シーンでも万能の通勤用自転車に仕上がっています。

▼通勤におすすめのクロスバイクについて更に詳しく知りたい方はこちらもどうぞ
» 通勤におすすめなクロスバイクと選び方や服装、全て解説!

ミニベロの通勤用おすすめ自転車

見た目だけでなく走行性能も良いミニベロをピックアップ、服装に合わせたり市街地走行にもピッタリの車種です!

michikusa

michikusa

30,800円〜(税込)

販売サイトで詳しくみる

スペック
6段変速、Vブレーキ、軽量アルミハンドル

おすすめポイント!
スタイリッシュな車体デザインで街中にも溶け込む見た目が人気のミニベロです。シマノ製の6段変速を搭載していて見た目とは裏腹に走行性能が高く、泥除けも標準で装備しています。

mimosa(ミモザ) 20インチ

mimosa(ミモザ) 20インチ

31,200円〜(税込)

販売サイトで詳しくみる

スペック
20インチ、外装6段変速、Vブレーキ

おすすめポイント!
小回りが利いて街中走行時のストップ&ゴーにも強い6段変速付きの20インチ自転車です。カラータイヤとパキッとしたナチュラルテイストのカラーが映えるミニベロですが、見た目だけでなく、そのコンパクトな車体からは想像つかないほどの走行性を持ち、大きなクランクから生み出される推進力と制動力の高いVブレーキを搭載しきびきびした走りも出来る万能な1台です。

ラクレット-H2

ラクレット-H2

15,980円(税込)

楽天で詳しく見る

スペック
変速なし、泥除け付き、リング錠付き

おすすめポイント!
短い距離しか走らず安いミニベロで良いという方はこの1台がおすすめ。泥はねをしっかりおさえるフルフェンダーとリング錠付きでお手頃です。

CREAM MINI(クリームミニ) 20インチ

CREAM MINI(クリームミニ) 20インチ

13,980円(税込)

» 販売サイトで詳しくみる

スペック
6段変速、泥除け、リング錠付き

おすすめポイント!
あさひでもトップクラスに人気のCREAM MINI(クリームミニ)6段変速モデル。シンプルで安いミニベロ探しているのであればこれ、と言ってもいいくらいお買い得な1台です!

▼ミニベロでの通勤、おすすめ車種に関してさらに詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にどうぞ。
» ミニベロは通勤におすすめ?最適な通勤距離、おすすめミニベロを厳選紹介!

ロードバイクの通勤用おすすめ自転車

初心者でも乗りやすいエントリーモデルをピックアップ!初めて乗る方はライト、カギなど実用性の高いパーツを標準装備していて買い揃える手間も少ないロードバイクがおすすめです。

NESTO FALAD-K

NESTO FALAD-K

67,800円〜(税込)

販売サイトで詳しくみる

スペック
700×25C、外装14段変速、アルミフレーム、Vブレーキ

おすすめポイント!
GIANTと同じ製造向上で生産している日本ブランド「NESTO」のエントリーモデル。フロント2段、リア7段の14段変速機を搭載した、どんなシーンでも思うままに走行出来る1台です。アルミフレームを採用し、車体重量はなんと9kg台。ロードにおいては車体の軽さで乗りやすさも変わるのでこだわりたいポイント。品質だけではなく洗練されたデザインが日常にアクセントを加えます。品質と頑丈さは折り紙付きです。

ブリヂストン CYLVA D16

ブリヂストン CYLVA D16

89,000円〜(税込)

販売サイトで詳しくみる

スペック
700×28C、外装16段変速、アルミフレーム、Vブレーキ、ライト付き、ワイヤーロック付き、BAA適合車

おすすめポイント!
乗りやすくて実用性も備えたブリヂストンのプライベートブランド「GREEN LABEL」のロードバイク「CYLVA D16」。通勤などの普段使いがしやすく設計されたエルゴノミックサドルは座圧を解析して開発されており、安定感をアップさせながら快適な乗り心地を実現しています。また、変速機は信頼性の高いシマノ製の16段変速機(2×8)を搭載し、ロードバイクとしての颯爽なライディングも可能。さらに楽な姿勢で乗る際に握るドロップハンドルの上部にはセーフティブレーキレバーを搭載し、上・中・下、あらゆる姿勢でブレーキ操作が可能なのも安心なポイントです。本格的なロードバイクとしても楽しめる一台です。

TRINX SWIFT 700C

TRINX SWIFT 700C

46,224円(税込)

楽天で詳しく見る

スペック
14段変速、アルミフレーム

おすすめポイント!
ロードバイクで通勤したいけどお手頃な価格のものがなかなか見つからないという方におすすめの1台。最初から高いものを買うのに抵抗がある方はこの1台から始めてみてください。

電動自転車の通勤用おすすめ自転車

2018年に通勤用として人気だった2車種をピックアップ!メーカー各社の通勤電動ラインナップも徐々に増えているので、定期的に更新していきます。

アシスタベーシックミニ  2018モデル ブリヂストン

アシスタベーシックミニ  2018モデル ブリヂストン

91,800円〜(税込)

販売サイトで詳しくみる

スペック
内装3段変速、バッテリーライト、アルミフレーム、リング錠付き、泥除け付き、音鳴りしにくいローラーブレーキ、またぎやすい低床設計、BAA適合車

おすすめポイント!
乗り降りしやすく狭い道でもスイスイ走行可能なコンパクトモデルで都市部や街中走行にピッタリなブリヂストン製の人気ミニベロです。

ハリヤ 2018モデル パナソニック

ハリヤ 2018モデル パナソニック

124,300円(税込)

楽天で詳しく見る

スペック
7段変速、アルミフレーム、Vブレーキ、BAA適合車

おすすめポイント!
歩道の段差などの衝撃を吸収するフロントサスペンションや、外装7段ギア、高剛性・軽量化を実現したアルミフレームを採用しているなど通勤にピッタリの1台です。

折りたたみ自転車の通勤用おすすめ自転車

走行性能も良く、手軽に折り畳めてお手頃価格な2車種をピックアップ!

cyma compact

cyma compact

24,200円〜(税込)

販売サイトで詳しくみる

スペック
6段変速、リング錠付き、前カゴ付き、音鳴りしにくいローラーブレーキ

おすすめポイント!
通勤用に適した機能がギュッと詰まった万能な折りたたみ自転車です。この自転車であればどの利用シーンにも便利に使えるので安心して選べる1台です。

BA-100 Angriff WACHSEN

BA-100 Angriff WACHSEN

24,000円(税込)

楽天で詳しく見る

スペック
6段変速、軽量アルミパーツ

おすすめポイント!
スーツに合うスポーティな見た目の折りたたみ自転車。6段変速付きで軽快な走行が楽しめます。

利用シーン別に人気の通勤自転車を紹介

利用シーン別にどんな通勤自転車が選ばれているかについても紹介しておきます。

通勤距離別の人気自転車

「通勤自転車選びの5つのチェックポイント」のうち、一番重要なのが通勤距離です。

通勤距離が短い場合は自転車の選択肢も幅広いですが、長い場合は長距離向けの自転車(クロスバイク/ロードバイク)が人気になってきます。
» 自転車での通勤距離と所要時間の目安

通勤距離が短い場合は人気車種はバラバラ

通勤距離が片道5km未満(20分未満)程度の場合はママチャリでも折りたたみ自転車でもクロスバイクでも、どのタイプの自転車でも問題ないので、選ばれている車種もバラバラです。

見た目や走行性、予算感、通勤以外で買い物にも使いたいかどうかなど、何を重視したいかで決めましょう。

人の多い街中や駅近はミニベロ・折りたたみがおしゃれ&便利で人気

通勤自転車_ミニベロ
街中に溶け込むデザインが魅力のミニベロ

街中の走行にはコンパクトで小回りが利くミニベロが人気です。ファッション性も高くおしゃれな自転車も多いため、見た目にこだわりたい方にもおすすめです。
実はミニベロは走行性能も高く、ママチャリ以上にスピードが出るという点も人気な理由の1つでしょう。

駐輪スペースが狭い都市部でもミニベロ・折りたたみが便利で人気

都市部は道や駐輪スペースが狭いという点でもミニベロ・折りたたみが人気で、最近乗る人が増えています。

通勤自転車_折りたたみ
折りたためば車体サイズは半分程度に

また駐輪スペースがないアパートやマンションでも、ミニベロや折りたたみ自転車であればエレベーターに乗せて自室前に駐車することも、玄関に置くことも可能なので便利です。

坂が多いエリアは電動自転車が圧倒的人気!

東京や京都など小坂の多いエリアでは電動自転車を購入する人が急激に増えてきています。

通勤自転車_坂道は電動自転車

電動自転車にもミニベロタイプがありスペースが狭くても駐輪可能なので人気が高いです。

特にこだわりがない人はママチャリがおすすめ

上記のような利用シーンに当てはまらない人で特にこだわりがない人はママチャリ(シティサイクル)がおすすめです。

価格が安く汎用的な自転車なので、通勤にもお買い物にも十分に使用できます。

通勤距離が長い場合は走行性の高いクロスバイクが人気

片道5km〜15km程度(20分〜40分)の通勤距離がある方は走行性が高くスピードの出せるクロスバイクやシティクロスが人気です。毎日乗るとなると、変速付きのママチャリ(シティサイクル)では少し大変な距離です。
» 通勤におすすめなクロスバイクと選び方や服装、全て解説!

雨の日も自転車通勤するなら泥除け付きクロスバイクもおすすめ

クロスバイクは泥除けがないモデルが多いですが、通勤用に使いたいのであればスーツ等の汚れを防ぐために泥除け付きのモデルを選ぶのも1つの選択肢です。

泥除け付きでもクロスバイクのスポーティな見た目を損なわないモデルもあるので、走行性に加えかっこよさも重視したい人にはおすすめです。

泥除け付きクロスバイク
泥除け付きでもスタイリッシュなクロスバイク

荷物をカゴに入れたい場合はシティクロスがおすすめ

前カゴにビジネスバッグなどを入れたい場合はシティクロスがおすすめです。

シティクロスはビジネスマン向け
やや太めのタイヤで振動耐久性も高い

シティクロスはクロスバイクの走行性にママチャリの万能性や耐久性を加えた良いとこ取りの自転車で、通勤用としてもばっちり合います。

シティクロスはビジネスバッグも収納可能

前カゴが横に大きく、ビジネスバッグもラクラク入ります。

ミニベロが欲しい方はスポーティなモデルを選びましょう。

ミニベロタイプが良い方は走行性の高いモデルを選べば快適な通勤が出来ます。

ミニベロ_スポーティなモデル
クランク径が大きくスピードが出やすいモデル

走行性を見分ける簡単なコツは「フロントギアの歯数が多いか」どうかです。”47T”、”52T”の様な表記が歯数をさしていて、数字が大きいほど1漕ぎで進む距離が長くなるのでスピードが出やすいです。

片道15km以上のさらに長距離通勤の場合はロードバイクが人気

この距離になってくるとクロスバイクやロードバイクがとても適しており、人気も高いです。ロードバイクはもともと長距離走行用に作られた自転車という背景もあり、快適な走行を味わえる上に毎日の通勤が良い運動にもなります。

ロードバイクで通勤

最近では電動自転車のクロスバイクやロードバイクも出てきているので、選択肢に入れるのもアリです。30代〜50代のビジネスマン中心にかなり人気が出始めています。

YAMAHA_YPJ-C
2016年から新登場したYAMAHAの電動クロスバイクYPJ-C

通勤自転車の購入はどこがおすすめ?

自転車をどこで購入するかも合わせて考えておきましょう。自転車の購入は修理などのアフターサービスがあるお店で購入するのがおすすめです。

自転車はネット通販でも店舗でも購入することが出来ますが、それぞれメリット・デメリットがあります。

ネット通販のメリット

  • 量販店やホームセンターより価格が安い
  • 買いに行く手間がかからず楽
  • カラーやサイズが豊富

店舗のメリット

  • 実物を見れる、店員に聞ける
  • 防犯登録出来る店が多い
  • 専門店ならフィッティングサービスがある場合も

ネット通販で買う場合は、あまりに激安すぎるお店には注意しましょう。購入後の補償が無かったり自転車が組み立てられていない状態で届くなど、不便が多いです。
もし既にネット通販で購入を考えている方は、以下の失敗しない為の4つのチェックポイントを確認しましょう。

ネット通販購入で失敗しない為の4つのチェックポイント

  1. 送料を確認する
  2. 購入時に防犯登録も出来るか
  3. 組立された状態で届くか
  4. 購入後の補償サービスがあるか

自転車は大型家具同様に配送料がかかることも多いので、送料も事前確認しましょう。また防犯登録が可能かどうか、購入後の補償サービスがあるかどうかを確認して、よりサービスが充実しているお店で購入する方が良いでしょう。
» 自転車の購入、ネット通販と店舗どちらがお買い得?おすすめは?

ネット通販で購入する場合におすすめの3つのお店

まだ自転車を購入するお店が決まっていない方は、以下の3つのお店をおすすめします。

上記で紹介したとおり、価格面や補償サービスが充実しているネット通販をピックアップしました。

自転車通販のサイマ(cyma)

自転車通販サイト cyma(サイマ)日本最大級の自転車通販サイトです。ほぼ全国で送料無料なのが非常に魅力的で、組立済みの自転車を届けてくれます。取扱カラーが豊富でテレビCMもやっているみたいです。自転車購入時に防犯登録や自転車保険サービスの加入もでき、手続きもスムーズに済むので楽です。

▼自転車通販のサイマはこちらから
» 自転車通販「cyma -サイマ-」人気自転車が最大40%OFF!送料無料

私も以前サイマで自転車を購入しました。その時のレビュー記事がこちらです。
» サイマでKukka-Maaria(クッカ-マーリア)を購入。乗り心地良好でコスパに満足!

サイクルベースあさひ 楽天店

サイクルベースあさひ全国に400店舗以上を持つ日本最大規模の総合自転車チェーンの楽天通販店です。送料が掛かるのが若干マイナスですが店舗に商品を受け取りに行けば送料が無料になり、自転車購入時に自転車保険などの自転車に特化したオリジナルの補償サービスに加入できます。

▼サイクルベースあさひ 楽天店はこちらから
» サイクルベースあさひ楽天市場店

イオンバイク 楽天店

イオンバイク楽天店イオンバイクはイオンから生まれた自転車専門ショップです。全国に300店舗以上あり、イオンが近くにある人であればイオンバイクで購入するのもおすすめです。お店に自転車を取りに行くと送料は無料になります。独自の補償サービスも充実しており自転車を持ち込めば無料点検や修理が受けられます。

▼イオンバイク 楽天店はこちらから
» イオンバイク楽天店

お気に入りの自転車を見つけて快適な通勤ライフを!

いかがでしたでしょうか?

私も自転車通勤に変えてから移動が楽しくなり、健康的な毎日を過ごせるようになりました。ぜひあなたも自分にピッタリの1台を見つけて快適な自転車通勤を始めましょう!

とにかく安く自転車を買いたい方はこちらもどうぞ

自転車を安く買いたくても質を落としたくない。激安の所で買いたいけどどこで買ったら良いかわからない。

そんな方向けに安くても良い自転車を買う方法とおすすめの自転車をピックアップしています。

安いけど高品質!人気の格安おすすめ自転車9選と選び方の秘訣

女性向けの通勤自転車をお探しの方はこちら!

主にクロスバイクとミニベロを中心に、女性向けのおすすめ通勤自転車と選び方ポイントを紹介しています。

機能だけでなく見た目にもこだわりたいという方は是非参考にどうぞ。

【女性におすすめ】通勤にぴったりの人気自転車と選び方まとめ

古くなった自転車の処分方法はご存知ですか?

新しい自転車の購入時に、古い自転車を処分したい事がありますよね。

しかし大きなモノなので正しい処分方法が分からない方も多いのではないでしょうか?

自転車の処分を検討している方はこちらの記事の正しい処分方法を確認して、トラブル無くお得にスッキリと片付けてしまいましょう!

自転車の処分はどうすれば良い?8つのお得で正しい処分方法

関連記事