【2018年最新】電動アシスト自転車おすすめメーカー徹底比較!特徴や違いのまとめ

    アイキャッチ_電動アシストおすすめメーカー徹底比較

    近頃急激に利用者の増えている電動アシスト自転車。都市部ではシェアバイクに採用されるなど利便性が話題を呼んでいますが、メーカーごとに特徴や違いはあるのでしょうか?

    電動アシスト自転車を買おうか迷っている方や、どの電動アシスト自転車メーカーがおすすめなのかを知りたい方向けに、今回はおすすめの電動アシスト自転車メーカーとメーカーごとの特徴・違いをまとめました。

    電動アシスト自転車のメーカーはどれくらいある?

    まずは日本市場で販売されている電動アシスト自転車の中でも、品質が安定している電動アシスト自転車メーカーを紹介します。

    品質の良い電動アシスト自転車のメーカー一覧

    • ブリヂストン(BRIDGESTONE)
    • パナソニック(Panasonic)
    • ヤマハ(YAMAHA)
    • ビアンキ(Bianchi)
    • TREK
    • BESV
    • TSINOVA
    • デイトナ

    上記のメーカーに共通するのは、自転車の製造開発やアシストモーター駆動部分の開発の歴史が長く、多くの製造ノウハウをもってるという点です。ブリヂストンやパナソニックは言わずとしれた国産メーカーですし、Bianchiやトレックもスポーツバイクの老舗ブランドです。ヤマハやデイトナはオートバイ・オートバイパーツのメーカーでもあるので、アシストモーターなどの電子駆動部に関しては質の高いノウハウを持っています。

    また、自社で電動アシストモーターを製造していないメーカーでもBOSHやYAMAHA、シマノ製などの質の良いアシストユニットを搭載していたりと、上記のメーカーはその他のメーカーに比べて安定した品質の電動アシスト自転車を販売しています。

    電動アシスト自転車のメーカー別の特徴・違いは?

    電動アシスト自転車もメーカーごとでアシストの味付け(強弱)やスペック、補償面などで多少の違いがありますが、人によっては実際のところはメーカー毎の違いは微々たるものと感じると思います。しっかりしたメーカーの製品であれば色合いやデザイン、値段を元に選んでしまっても良い程です。

    その理由は、電動アシスト自転車の乗り心地の違いはアシストユニット(モーター・バッテリー)による差が大きいからです。ブリヂストンは一部車種でヤマハやパナソニックのユニットを使用していますし、パナソニックもヤマハもモーター部分において大きな違いはありません。

    パナソニックの電動アシスト自転車試乗イベントヤマハの電動アシスト自転車試乗イベント
    パナソニック、ヤマハなどの試乗イベントの様子

    私自身も仕事や展示イベントなどでブリヂストンやパナソニック、ヤマハを始め各社の電動アシスト自転車に乗りましたが、正直車体名が書かれていなければどのメーカーの電動アシスト自転車なのか迷ってしまうほどです。(意識して乗ればなんとかわかる程度です)

    ただし、開発・生産元の情報が少なく日本でもあまり出回っていない国製などの電動アシストメーカーにおいては、この限りではありません。乗り心地やアシスト性能の違いが体感でもわかるレベルで異なる商品もあると思いますので、注意が必要です。

    以下に各メーカーのカタログや公式試乗イベントで実際に乗ってみた乗り心地なども合わせて、特徴や違いを簡単にまとめておきます。

    ブリヂストンの電動アシスト自転車の特徴

    ステップクルーズe_両輪駆動

    ブリヂストンの電動アシスト自転車の特徴は「デュアルドライブ(両輪駆動)」という独自システムにあります。ブリヂストンが販売している電動アシスト自転車の内、半分程度の車種に搭載されています。

    「デュアルドライブ(両輪駆動)」搭載の車種はモーターが前輪についている為、少しハンドルを引っ張られるような漕ぎ出し感があり、子供や重い荷物を載せた場合でも坂道などでの発進が非常にスムーズです。また、回生充電機能がついているので走りながらバッテリーの充電もしてくれます。

    他メーカーは1充電あたりでの走行距離を伸ばすために大きなサイズのバッテリーを採用していますが、ブリヂストンの回生充電機能付きバッテリーはややコンパクトなサイズに収まっているので、バッテリー充電時の持ち運びの負担を少しでも減らしたい方には特におすすめです。以前は一部の対応車種のみでしたが、2019年モデルから対応車種がかなり増えてきました。

    ブリヂストンの電動アシスト自転車は以下の5種類に分かれています。
    ・ママチャリタイプ
    ・子供乗せ
    ・クロスバイクタイプ
    ・ミニベロタイプ
    ・シニア向けの小径車・3輪車

    また、3年間のメーカー盗難補償がついているのもメリットの1つです。
    » ブリヂストンの電動アシスト自転車一覧はこちら

    パナソニックの電動アシスト自転車の特徴

    電動アシスト自転車_パナソニック_ビビ・SX

    パナソニックの電動アシスト自転車の特徴は、ユニットパーツの自社開発による国産の安心感と後輪モーターによるスムーズな漕ぎ出しです。
    パナソニックの電動アシスト自転車は後輪モーターなので、背中をぐっと押されるような印象のアシストが働きます。2019年モデルでは更に漕ぎ出しの滑らかさが改善され、よりスムーズに走り出せるようになっています。

    また、3つのメーカーの中で電動アシスト自転車のバッテリーであるリチウム電池の開発ノウハウを一番もっており、最大容量の20Aバッテリーを最も早く販売開始するなど、バッテリーユニット部分で他社より1歩秀でた製品開発をしています。

    パナソニックの電動アシスト自転車は以下の6種類に分かれています。
    ・ママチャリタイプ(24/26インチ)
    ・子供乗せ(子供1人〜2人)
    ・クロスバイクタイプ 
    ・MTBタイプ
    ・ミニベロタイプ 
    ・折りたたみ自転車タイプ

    パナソニックも3年間のメーカー盗難補償がついています。
    » パナソニックの電動アシスト自転車一覧はこちら

    ヤマハの電動アシスト自転車の特徴

    電動アシスト自転車のクロスバイクタイプ

    ヤマハの電動アシスト自転車の特徴はパナソニック同様、駆動モーターの自社開発にあります。オートバイを始めとするヤマハ自体のモーター開発の歴史・ノウハウが活かされた駆動パーツが搭載されており、とても品質が安定しています。

    また、上記2社とは少し違ったクロスバイク・ロードバイクの電動アシスト自転車(※YPJシリーズ)をラインナップするなど、新たに電動アシスト市場を開拓するような製品開発もしています。

    ヤマハの電動アシスト自転車は以下の4種類に分かれています。
    ・ママチャリタイプ(24/26インチ)
    ・子供乗せ(子供1人〜2人)
    ・クロスバイク、ロードバイクタイプ
    ・ミニベロタイプ

    ヤマハもブリヂストン・パナソニック同様に、メーカー補償が充実しています。
    » ヤマハの電動アシスト自転車一覧はこちら

    Tsinovaの電動アシスト自転車の特徴

    電動アシスト自転車_TSINOVA

    こちらも海外メーカーのTsinova(チノーバ)。海外メーカーの中では製品の安定性が高く、関東中心にビックカメラやヨドバシカメラでも販売されているミニベロタイプの電動アシスト自転車です。

    TSINOVA_展示品ブラック

    質感や泥除け、フレームなどのパーツもとても洗練されており、乗り心地も快適でした。
    » Tsinovaの電動アシスト自転車一覧はこちら

    デイトナの電動アシスト自転車の特徴

    電動アシスト自転車の折りたたみタイプ

    デイトナは日本のモーター系の開発会社で、そのノウハウを活かした良品質の駆動パーツを搭載したオシャレな電動アシスト自転車を販売しています。バッテリーを革のバッグで包み、さりげなく自然に配置している見た目の良さもポイントです。

    現在はまだミニベロタイプのみですが、今後も電動アシスト自転車の開発に力を入れていくようです。
    » デイトナの電動アシスト自転車の詳細をもっとみる

    Besvの電動アシスト自転車の特徴

    電動アシスト自転車_BESV_PSA1

    海外メーカーのBesv(ベスヴィー)。能年玲奈さんを起用したWebCMが話題の電動アシスト自転車です。小径車ながらスポーティな走行性とバッテリー一体型の流線的なデザインが特徴の電動アシスト自転車を販売しています。

    » Besvの電動アシスト自転車の詳細をもっとみる

    おすすめの電動アシスト自転車メーカーはどれ?

    どのメーカーが良いか迷っている方や、これから電動アシスト自転車の購入を検討しようとしている方向けに、おすすめの電動アシスト自転車メーカーも紹介しておきます。

    一番のおすすめは「ブリヂストン」「パナソニック」「ヤマハ」の人気3メーカー

    今回おすすめした電動アシスト自転車は上記3メーカーの製品が中心でしたが、それにはいくつか理由があります。

    まず「ブリヂストン」「パナソニック」「ヤマハ」の3メーカーはいずれも電動アシスト自転車の開発の歴史が長く、製品の安全性が高いことが特徴です。一般的なママチャリに比べて国内で製造している自転車の割合も多く、細部までしっかりとした作りになっています。

    3メーカーともBAAマークを取得
    自転車の新安全基準のBAAマーク

    自転車協会が定める安全基準に適した証であるBAAマークも取得しており、他メーカーよりも1段上の安全性が担保されています。

    また、3メーカーともに3年間の盗難補償などのメーカー保証サービスも充実しているので、これから長く使いたい方にもおすすめです。
    どのメーカーの電動アシスト自転車を選べば良いか迷っている方は、この3つのメーカーの中から選べばまず間違いないでしょう。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか?

    電動アシスト自転車は購入後も長く利用するものなので、しっかりとしたメーカーの製品を選ぶことが大切です!今回紹介した内容を参考に、ぜひ自分にピッタリの1台を見つけてくださいね。



    スポンサードリンク