女性向けクロスバイクおすすめ9選!おしゃれバイクや服装選びまとめ

アイキャッチ

最近では通勤や通学用としても利用者が増えているクロスバイク。

ママチャリに比べてファッション性やルックスが良く、今や女性にも人気の高い自転車です。

スポーティで少しハードルが高そうに見えるクロスバイクですが、実は気軽に乗れるモデルも多いことをご存知でしょうか?

今回は女性におすすめのクロスバイクや選び方ポイントなどをまとめて紹介していきます!

女性はどんなクロスバイクを選べば良い?

女性はどんなクロスバイクを選べばいい?

男性の体格に合わせて設計されることが多いクロスバイク。女性の場合はどんなクロスバイクを選ぶのが良いのでしょうか?

まずは女性がクロスバイクを選ぶ際の3つの基本ポイントを抑えて行きましょう。

用途に合わせてクロスバイクを選ぶ

クロスバイクを利用用途で選ぶ

まず第一に考えるべきなのがこの点です。

クロスバイクはフィットネスやサイクリング向けの走行性重視なスポーティモデルから、ショッピングや通勤・通学などの普段使いに最適なモデルまで幅広く販売されています。

用途によって最適なクロスバイクやおすすめのメーカーが変わってくるので、選び始める前に自分がどんな用途でクロスバイクを利用したいかを整理しておきましょう。

用途ごとのおすすめ女性向けクロスバイクは、後ほどこの記事内で紹介していきます!

サイズが不安なら女性向けに設計されたクロスバイクを選ぼう

Liv ESCAPE R3 W
女性向けクロスバイク「Liv ESCAPE R3 W」

クロスバイクのほとんどは男性向けにサイジングされているので、モデルによっては特に小柄な女性だと足がつかずに乗れないということもあります。

もちろん小柄な方向けに小さなフレームサイズ(適応身長が150cm未満)も用意されていることもあるのですが、足の長さによってもクロスバイクは乗車姿勢が変わったりするのでフレームサイズや適応身長が不安な方は女性向けに設計されたクロスバイクを選ぶと良いでしょう。

例えば、スポーツバイク世界最大手のGIANT(ジャイアント)が設立した女性向けバイクブランドの「Liv」のESCAPE R3 Wというクロスバイクは、一般的なクロスバイクよりも小さめのフレームサイズ(350mm(XXS)/400mm(XS)/440(S)mm)をラインナップしているので、小柄な女性でも無理なく乗れるクロスバイクに仕上がっています。

また、女性向けに設計されたクロスバイクは車体が軽量なことも多いのでハンドルの取り回しもしやすく、快適な走行感も得ることが出来ますよ。

服装を気にせず乗りたい方はスタッガードフレームのクロスバイクもおすすめ

スタッガードフレームのクロスバイク
スタッガードフレームを採用「ブリヂストン MarkRosa 7S」

クロスバイクはママチャリに比べてトップチューブの位置が高いので、スカートなどの服装ではまたぎにくく乗りにくさを感じてしまいます。

もっとカジュアルに服装を気にせずクロスバイクに乗りたい方はスタッガードフレームのクロスバイクも候補にいれてみましょう!

上記の写真のように、スタッガードフレームは通常のホリゾンタルフレームに比べてトップチューブが低い位置に接合されているので、足を高くあげずに乗り降りすることもできますよ。

そもそもクロスバイクってどんな自転車?

そもそもクロスバイクとは

そもそもクロスバイクという自転車がどんな特徴を持っているのか、ご存知でしょうか?

クロスバイクは本来、競技用であるロードバイクやマウンテンバイクのパーツを一部のユーザーが流用してカスタマイズし、街乗りなどの気軽な用途に対応させたことが起源と言われているスポーツバイクなのです。

スポーツバイクの「イイとこどり」。それがクロスバイク!

スポーツバイクの「イイとこどり」。それがクロスバイク!

スピードを出しやすい細いロードバイク系のタイヤを装備し、マウンテンバイクの安定感や街乗りスタイルと融合した「イイとこどり」の自転車。それがクロスバイクなのです。

ハンドルはフラットバーと呼ばれる気軽に乗りやすい真っ直ぐなタイプを採用し、スポーツバイクの中ではシティサイクルのような実用性を持ち合わせるモデルも販売されています。

そんな背景を持つからこそ、クロスバイクの利用シーンはとても幅広く、フィットネスやサイクリング、通勤・通学からショッピングなどの街乗り用として様々なユーザーから高い人気を得ています。

また、ロードバイクやマウンテンバイクに比べて価格も手頃な点も特徴です。

用途に合わせた女性向けクロスバイクの選び方まとめ

先程もお伝えしましたが、クロスバイク選びは用途に合わせて選ぶことが最も重要です。

クロスバイクと一言で言ってもスポーティで走行性重視タイプのクロスバイクから、通勤やショッピング向けの日常使いタイプのクロスバイクまで幅広く存在しているので、自分の用途にあったタイプのクロスバイクを選定出来ているかチェックしておきましょう。

以下に利用シーンごとのおすすめのクロスバイクタイプをまとめましたので、まずはこちらを確認してみてください!

街乗りやショッピング、通勤など様々な用途に使いたいなら「ベーシックなクロスバイク」を選ぼう

CYLVA F24 pink

主に街乗りに利用するのであれば、エントリーモデルとも呼ばれる初心者向けのベーシックなクロスバイクがおすすめです。

尖った特徴がない代わりにクロスバイクの中でも安定感が高く、初めてクロスバイクに乗る方でも安心して乗れるモデルが多いのが特徴です。

サイズを合わせれば小柄な女性でも前傾姿勢になりすぎることなくラクな姿勢で乗ることができますよ。

ベーシッククロスバイクの特徴

  • トップチューブが短めで前傾姿勢になりすぎない
  • 肩肘張らずに自然な姿勢で乗れる
  • 32C前後の太めのタイヤを採用していて安定感がある

フィットネスやサイクリング目的なら「スピードタイプのクロスバイク」がおすすめ

TREK FX3

フィットネスやサイクリングなど、長い時間、長い距離を走行することを目的としたい場合はスピードタイプのクロスバイクがおすすめです。

ベーシックな初心者向けクロスバイクに比べてスペックが良いぶん価格もやや高くなりますが、ロードバイクにも採用されるような走行性を重視したパーツをアセンブルしたモデルもあり、爽快感あふれるスピード走行を楽しめます。

スピードタイプのクロスバイクの特徴

  • トップチューブが少し長めで、乗車時はやや前傾姿勢になる
  • 細めの23〜28Cのタイヤが中心でスピードを出しやすい
  • ロードバイク用のコンポーネントを採用していることも多い

通勤・通学で毎日のように利用する場合は「コミュータータイプのクロスバイク」が最適!

カゴ付きMarkRosa

通勤や通学で毎日のようにクロスバイクを使う場合は、ライトや泥除け・チェーンガードなどが付いたコミュータータイプのクロスバイクが最適です。

夜間走行には法律的にもライトが必須ですし、泥除け付きのクロスバイクであれば降雨後の水たまりの泥ハネも防いでくれるので大事な服が汚れる心配も減ります。

また、コミュータータイプのクロスバイクはカゴやリアキャリアを取り付けられるモデルも多いので、荷物が多い方でも心配なく走行することが出来ますよ!

コミュータータイプのクロスバイクの特徴

  • ライトや泥除け、カゴが標準で装備されている車種もある
  • 服装を気にせず乗りやすいフレーム設計
  • 比較的ゆったり乗れる

通勤向けのおすすめクロスバイクは「通勤におすすめなクロスバイク17車種!初心者向け選び方解説付き」でも紹介しています。

また、クロスバイク以外の通勤向きな自転車について、もっと詳しく知りたい方は「通勤におすすめな自転車とは?5つの選び方ポイントと人気自転車26選!」も合わせて参考にどうぞ!

女性向けクロスバイクおすすめ9選!

自分にはどんなクロスバイクが合いそうか、なんとなく掴めてきたでしょうか?

クロスバイクを買うのが初めてで色々不安という方は、初心者向けに乗り方やサイズの選び方などをもう少し詳しく解説したものを「初心者向けクロスバイク完全入門ガイド!購入から初乗りまで徹底解説」にまとめていますので、合わせてチェックしてみてくださいね。

それではここからは、女性におすすめの厳選クロスバイクを紹介していきます!通販で購入できるモデルも多いので、気になった車種は詳細情報も覗いてみてくださいね。

ポップな明るめカラーが人気!「ルイガノ(LOUIS GARNEAU) SETTER8.0」

ルイガノ SETTER 8.0

ポップなカラーやファッション性の高さで人気のルイガノの2019年最新エントリークロスバイク「SETTER8.0」はアルミを採用した軽量なカラーフレームにホワイトのカラータイヤがアクセントになったおしゃれな1台。

ストレート形状のフロントフォークによりダイレクト感あるハンドリング、少し太めの700×32Cサイズのタイヤで安定感がありつつもキビキビとした走行性も合わせ持つマルチなモデルです。

ルイガノ(LOUIS GARNEAU) SETTER8.0

ルイガノ(LOUIS GARNEAU) SETTER8.0

52,800円(税別)

販売サイトで詳しく見る

スペック
24段変速、Vブレーキ

おすすめポイント!
フレームサイズ展開が370~520mmまでと幅広く、小柄な女性でも安心して乗れる1台です!

軽量アルミフレームのコスパ抜群クロスバイク「cyma primer」

cyma primer

とりあえずクロスバイクライフを始めてみたいという方におすすめのコスパ抜群クロスバイク「cyma primer」。3万円以下で購入できるクロスバイクにしてはかなりスペックの良いクロスバイクです。

初めての方でも乗りやすい700x40Cの安定感あるタイヤを採用しており、車体も12.7kgと価格にしては十分軽量。ギアはシマノ製の7段変速で通勤や通学、お買い物などの日常使いにも対応できる段数を備えています。

cyma primer

cyma primer

29,000円(税別)

» 販売サイトで詳しく見る

スペック
700x40C、7段変速、アルミフレーム

おすすめポイント!
フレームサイズが480mmで女性も乗りやすい初心者向けの1台です!

カギ・ライト・スタンドを標準装備した万能クロスバイク「ブリジストン CYLVA F24」

ブリヂストン CYLVA F24

通勤や通学など、毎日のようにクロスバイクを利用する方にはピッタリの「ブリジストン CYLVA F24」。

夜間走行には必須のライト、防犯用のカギを標準で装備しているので自分で買い集める必要もなく、取り付ける手間もかかりません!ブリヂストンのメーカー盗難補償が3年間付いているのも嬉しいポイント!

ブリジストン CYLVA F24

ブリジストン CYLVA F24

49,128円〜(税別)

» 販売サイトで詳しく見る

スペック
700x32C、24段変速、アルミフレーム、ワイヤー錠、ライト付き、BAA適合車

おすすめポイント!
実用性の高いパーツをフル装備した万能クロスバイク!初心者でも乗りやすい少し太めのタイヤで安定感のある走りが味わえます。

オリジナルのスリックタイヤでスピーディ&快適な走行性「RITEWAY(ライトウェイ) SHEPHERD CITY 2019年モデル」

riteway shepherd city

日本人の体格に合わせて設計されているライトウェイのクロスバイク「SHEPHERD CITY(シェファードシティ)」。

ライトウェイの技術が詰め込まれたオリジナルスリックタイヤを採用しており、街中でもキビキビとした快適な走行が可能なスポーティ寄りのおすすめモデルです。

RITEWAY(ライトウェイ) SHEPHERD 2019年モデル

RITEWAY(ライトウェイ) SHEPHERD 2019年モデル

参考価格:57,800円(税別)

» 販売サイトで詳しく見る

スペック
700x35C、8段変速、アルミフレーム

おすすめポイント!
ホイールサイズ毎に各部の寸法を細かく調整することで、身長150cmから180cmの人まで誰が乗っても快適な設計を実現したモデルです!

肩肘張らずにゆったり乗れる「RITEWAY(ライトウェイ) SHEPHERD 2019年モデル」

RITERAY シェファード

ライトウェイのクロスバイク「SHEPHERD CITY(シェファードシティ)」の兄弟分である「SHEPHERD(シェファード)」。

「SHEPHERD CITY(シェファードシティ)」に比べてより初心者向けの設計になっており、柔らかい3層構造のサドルや太めの38Cタイヤで安定性も◎。無理のない自然な乗車姿勢とスポーティな乗り心地のバランスが良く、女性でも乗りやすい完成度の高いクロスバイクですよ。

RITEWAY(ライトウェイ) SHEPHERD 2019年モデル

RITEWAY(ライトウェイ) SHEPHERD 2019年モデル

参考価格:55,800円(税別)

» 販売サイトで詳しく見る

スペック
700x38C、8段変速、アルミフレーム

おすすめポイント!
ホイールサイズに合わせてその他のパーツの採寸も調整されているので、幅広い身長にピッタリとフィットする乗り心地がおすすめのモデルです!

スポーティな走りとまたぎやすさを両立したスタッガードモデル「ブリジストン MarkRosa 7S」

ブリヂストン markrosa 7s

服装問わずまたぎやすいスタッガードフレームを採用したブリヂストンの「MarkRosa(マークローザ) 7S」。

スポーティすぎるクロスバイクはちょっとハードルが高いけどママチャリよりも快適な自転車が良い…という方にピッタリのカジュアルモデルです。

車体は軽量なアルミフレームで7段変速付き、さらに泥除けとLEDライトも標準装備しているので通勤や街乗り・ショッピングにおすすめの1台!

ブリジストン MarkRosa 7S

ブリジストン MarkRosa 7S

45,900円~(税別)

» 販売サイトで詳しく見る

スペック
700×32C、7段変速、アルミフレーム、LEDオートライト、カギ、泥除け付き、BAA適合車

おすすめポイント!
街になじむデザインで通勤やお買い物などの日常使いとして使い勝手が良いモデルです!

スポーツバイクの爽快感が味わえるシンプルクロスバイク「GIOS(ジオス) MISTRAL 2019年モデル」

GIOS(ジオス) MISTRAL

イタリアの老舗ブランドGIOS(ジオス)のお手頃価格なエントリークロスバイクです。

鮮やかなジオスブルーがおしゃれなMISTRALは、この価格帯には珍しいシマノ製のWH-R501ホイールを搭載しているので耐久性も◎。通勤などで毎日ハードに使ったとしても大丈夫なモデルに仕上がっています。

GIOS(ジオス) MISTRAL 2019年モデル

GIOS(ジオス) MISTRAL 2019年モデル

43,350円(税別)

» 販売サイトで詳しく見る

スペック
700×28C、24段変速、アルミフレーム、クロモリフォーク

おすすめポイント!
スポーティな走りと高い剛性を併せ持った1台!GIOSのブルーカラーが映える初心者にもおすすめのクロスバイクです。

女性専用に設計されたLivの人気エントリーモデル「ESCAPE(エスケープ) R3 W」

クロスバイク_GIANT-ESCAPE-R3-W

世界最大手のスポーツバイクのブランドであるGIANT(ジャイアント)が、世界で初めて女性専用のスポーツバイクブランドとして立ち上げたのが「Liv(リヴ)」。

ESCAPE(エスケープ) R3 WはそのLiv(リヴ)のエントリーモデルであり、小柄な女性でも安心のサイズから身長の高い女性のサイズまで幅広くカバーしたラインナップが特徴です。快適性と日常使いとしての耐久性のバランスの良い、初心者にもおすすめのクロスバイクに仕上がっていますよ。

ESCAPE R3 W GIANT

ESCAPE R3 W GIANT

54,000円(税込)

メーカーサイトで詳しく見る

スペック
24段変速、Vブレーキ

おすすめポイント!
700x28Cタイヤで路面での走行性も◎。変速はワイドレンジな24段変速なので、自転車通勤から週末サイクリングまで幅広く対応出来るスペックです。

ゆったりとした走行も可能な可愛らしいクロスバイク「TOKYOBIKE 26」

TOKYOBIKE 26

可愛らしい見た目で人気の高いTOKYOBIKE(トーキョーバイク)。

女性スタッフが女性のためにデザインをしたクロスバイクなので、服装を選ばず、街並みにもスッと溶け込むような自然なカラーリングとルックスに仕上がっています。

通常のクロスバイクより一回り小さい26インチタイヤなので漕ぎ出しも軽く、坂や小道の多い都会にもピッタリのモデルです。

TOKYOBIKE LITE 26インチ

TOKYOBIKE LITE 26インチ

44,000円(税別)

メーカーサイトで詳しくみる

スペック
26インチ、シングルギア、カゴ取付可能

おすすめポイント!
カラーバリエーションも豊富で全6色!ダントツのおしゃれさで人気の高い1台です。

女性向けクロスバイクのおすすめメーカーは?

クロスバイクのメーカーはかなり数が多いので、どのメーカーのクロスバイクを選んだら良いのか迷ってしまう方もいらっしゃると思います。

以下に女性向けのクロスバイクを開発しているメーカーと特徴をまとめましたので、気になる方は合わせてチェックしてみてくださいね。

ジャイアント リブ(GIANT Liv)

リブ Liv

Livは台湾で設立された世界最大の総合スポーツバイクブランドのジャイアント(GIANT)が設立した世界初の女性専用のスポーツバイクブランドです。

世界的なブランドながら日本人の女性向けに最適化された独自モデルもラインナップしており、価格もお手頃なので気軽にスポーツバイクライフを始められますよ。

リブ(Liv)のラインナップ一覧はこちら。
» メーカーサイトでラインナップをみる

ブリヂストン(BRIDGESTONE)

ブリヂストングリーンレーベル

通勤や通学などの普段使いに特化したクロスバイクが豊富な「ブリヂストン グリーンレーベル(BRIDGESTONE GREENLABEL)」。

カギやライト、泥除けなどの普段使い用クロスバイクに必需なアイテムが最初から装備されているので、初めてクロスバイクに乗る方でも安心して利用出来るのが特におすすめのポイントです。

ブリヂストン グリーンレーベルのラインナップ一覧はこちら。
» 販売サイトでラインナップをみる

ライトウェイ(RITEWAY)

ライトウェイ

日本人の体格に合わせてオリジナルパーツを企画・製造し、乗り心地の良いスポーツバイク開発を目指している「ライトウェイ(RITEWAY)」。

最新の2019年モデルは自社開発のスリックタイヤを採用するなど、軽さやグリップ力、乗り心地のアップグレードに力を入れています。

ライトウェイ(RITEWAY)のラインナップ一覧はこちら。
» 販売サイトでラインナップをみる

ルイガノ(LOUIS GARNEAU)

ルイガノ

ポップでカジュアルスタイルなカラーリングを施したクロスバイクが特徴のルイガノ。

小柄な女性でも安心のXSSサイズのクロスバイクも豊富にラインナップしており、他のメーカーにはない明るいカラーの車体が人気を得ています。

ルイガノ(LOUIS GARNEAU)のラインナップ一覧はこちら。
» 販売サイトでラインナップをみる

トーキョーバイク(TOKYO BIKE)

トーキョーバイク TOKYOBIKE

通常のクロスバイクより一回り小さい26インチで、細身なクロモリフレームのシルエットが美しくも可愛らしい「トーキョーバイク(TOKYO BIKE)」。

風景や街並みを楽しつつ都会をゆったりと走れる自然な乗り心地が特徴のクロスバイクブランドです。

トーキョーバイク(TOKYO BIKE)のラインナップ一覧はこちら。
» 販売サイトでラインナップをみる

キャノンデール(CANNONDALE)

キャノンデール

最先端のアイデアと技術革新により成長を続けてきたアメリカ発の世界トップクラスブランド「キャノンデール(CANNONDALE)」。

フィットネスやサイクリングに適したスポーティ向けのクロスバイクが欲しいなら一見の価値ありのブランドですよ!

キャノンデール(CANNONDALE)のラインナップ一覧はこちら。
» メーカーサイトでラインナップをみる

その他のクロスバイクメーカーの一覧も見てみたい方は「クロスバイクの主要メーカー22選!メーカー別おすすめモデルと特徴解説」をチェック!

こちらの記事でも女性向けのおすすめ通勤自転車を紹介しています。
» 【女性におすすめ】通勤にぴったりの人気自転車10選と選び方まとめ



スポンサードリンク