【試乗レビュー】PAS Babby un2019年モデルに乗ってみた

アイキャッチ

ヤマハの人気電動アシスト子供乗せ自転車「PAS Babby un(パス バビー アン)」。今回は最新2019年モデルの試乗レビューです!

公式サイトでもアシスト性の良さを売りにしているヤマハの電動アシスト自転車。今年のモデルの乗り心地はどんな感じなのでしょうか?

通常モデルと大容量バッテリーモデルの全2モデルの機能比較もあわせて紹介していきます!

PAS Babby unの特徴は?

まず始めにざっくりとPAS Babby unの特徴を紹介しておきますね。

PAS Babby unの主な特徴はこちらの3点。

  • ワイヤー内臓型ですっきりした見た目の軽量アルミフレーム
  • コンパクトで扱いやすい車体設計
  • ヤマハ「PAS」シリーズ内で最高のアシストレベル

ワイヤー内臓型ですっきりした見た目の軽量アルミフレーム

ワイヤー内蔵フレーム

PAS Babby unはブレーキやモーター駆動系のワイヤー類をフレームに内蔵しているので、外観的にもすっきりとした車体に仕上がっています。ワイヤーが外部に出ていると衣類やバッグ等が引っかかって破損に繋がってしまうケースもあるので、その心配がないのもワイヤー内蔵型のメリットの1つですね。

フレームもアルミを使用しているので車体の軽量化にも繋がっています。

コンパクトで扱いやすい車体設計

コンパクトな車体

PAS Babby unの車体は全長が1,720mmと他の電動アシスト自転車メーカーの同型モデルに比べてややコンパクトな車体サイズになっています。

モデル名全長
ヤマハ
PAS Babby un
1,720mm
パナソニック
ギュット・アニーズ・EX
1,785mm
ブリヂストン
ビッケ モブ dd
1,810mm

車体がコンパクトだと小回りが効くので狭い道でもハンドルの操作がしやすく、人や信号が多いエリアでの走行にもピッタリです。また、重い荷物や子供を乗せた際にも安定感があります。

ヤマハ「PAS」シリーズ内で最高のアシストレベル

PASシリーズ最高のアシストレベル

ヤマハの「PAS」シリーズは20車種以上のモデルをラインナップしていますが、その中でもPAS Babby unは最高のアシストレベルに設定されており、滑らかでパワフルなアシスト力を発揮します。勾配のきつい坂道や重い荷物を乗せた際、また3人乗り(子供2人乗せ)をした際にも快適な走行が可能です。

2018年→2019年モデルの変更点は?

最新の2019年モデルでは以下の2点が変更されています。

  • 大容量15.4Ahバッテリー搭載の「PAS Babby un SP」が新登場
  • 一部車体カラーの変更

大容量15.4Ahバッテリー搭載の「PAS Babby un SP」が新登場

新モデルのPAS Babby un SP

2018年モデルまでは12.3Ahバッテリーのみの販売でしたが、2019年モデルでは新たに15.4Ahの大容量バッテリーを搭載した「PAS Babby un SP」が新登場しました。

1度の充電での走行距離を重視するユーザーの声がまだまだ根強くある、とのことから発売に至ったモデルの様です。価格も通常の12.3Ahモデルと4,000円違うだけなので、高頻度で自転車を利用する方であれば候補に入れてみるのもアリだと思いますよ。

一部車体カラーの変更

2019年モデルのカラー一覧

PAS Babby unの2019年モデルは新たに2カラーが登場し、継続の4カラーと合わせて計6カラーがラインナップされています。

新登場のPAS Babby un SPは「マットブラック」「パウダーブルー」「マットカフェベージュ」の3カラー展開です(※すべてツヤ消しカラーです)。

通常モデルとPAS Babby un SPとの違いは?

通常モデルと大容量バッテリーモデルであるPAS Babby un SPとの主な違いは「バッテリー容量」「充電時間」「アシスト走行距離」「価格」の4点です。

詳しく見たい方はこちらの比較表を参考にどうぞ。

モデル別性能&価格比較表

モデル名PAS Babby unPAS Babby un SP
タイヤサイズ20インチ20インチ
適応身長142cm〜142cm〜
適応身長
※3人乗り時
146cm〜146cm〜
バッテリー容量12.3Ah15.4Ah
走行距離強モード:40km
標準モード:49km
オートエコ
モードプラス:60km
強モード:50km
標準モード:61km
オートエコ
モードプラス:75km
メーカー定価134,000円138,000円
カラー一覧全6色全3色

いざ試乗!乗り心地はどう?

それではここからは実際にPAS Babby unに乗ってみた感想・レビューを紹介していきます!

安心・便利な液晶5ファンクションメーター

早速車体にまたがってアシストの電源をON。

メーターは大画面で文字も大きく、ごちゃごちゃしてないシンプルな表示形式なので見やすいです。

走行中でもアシストモードやバッテリー残量をしっかりと確認出来ます。

乗り心地レビュー

またがってみた印象としてはヤマハの前子供乗せモデルの「PAS Kiss mini un」よりも重心が低く、どっしりとした安定感があります。

そもそも電動アシスト自転車自体が30kg前後あるので車体にまたがっているだけでも若干の重さを感じるのですが、ペダルに足をかけて漕ぎ出し始めると滑らかでスムーズなアシストが効いて、スーッとフラつくことなく発進出来ました。

大容量な前カゴ

前カゴは比較的大型なタイプです。軽量&丈夫なポリカーボネート樹脂製のカゴを搭載しています。お買い物袋や子供の荷物を入れたとしてもハンドル操作が不安定になることもなく、しっかりアシストが効いて快適に走れます。

後部チャイルドシート

後部のチャイルドシートはよくあるオーソドックスなタイプ。シートベルト5点止めでしっかりと子供の身体にフィットさせることが出来ます。

フロントチャイルドシートも取り付け可能

フロントチャイルドシート

PAS Babby unはオプションのフロントチャイルドシートを取り付けることで3人乗り(子供2人乗せ)も可能になります。

3人乗りを検討しているなら電動アシスト自転車は間違いなく快適なので、電動なしの自転車よりも圧倒的にオススメです。

前に乗せられるのは3歳未満まで。3歳以降は重量的にハンドル操作が難しく、走行中の視界も悪くなってしまうので後部チャイルドシートへ乗せるようにしましょう。

まとめ

私はこれまでブリヂストンのビッケシリーズやパナソニックのギュットシリーズなど色々な子供乗せモデルの試乗をしてきましたが、個人的にはヤマハのPAS Babby unはその中でも一番自然なアシスト性があると感じました。

特に漕ぎ出し時の滑らかさがひと味違う印象です。弱すぎることなく、パワフルすぎることも無く、ちょうど良いくらいのアシストが効くので、電動アシスト自転車初心者でも抵抗なく乗りやすいのではと思います。

2019年モデルは大容量バッテリーを搭載したモデルも出て選択肢の幅も広がっているので、子供乗せの電動アシスト自転車を検討している方は是非候補に入れてみてはいかがでしょうか。

また、ヤマハの前子乗せモデルのPAS Kiss mini unの2019年モデルのレビューも「【試乗レビュー】PAS Kiss mini un2019年モデルに乗ってみた」で紹介していますので、気になる方は是非チェックしてみてくださいね。ヤマハ独自のコクーンルームに関しても詳しく解説しています。

通販サイトで買うならどのお店がおすすめ?

最近では家の近くに自転車店がある人でも、利便性や価格の面からネット通販で電動アシスト自転車を買う人が増えています。

ネット通販は価格が安いというメリットがありますが、価格だけで選ぶと購入後の保証がなかったり自分で自転車を組み立てる必要があったりと不都合な事もあるので、もし購入する場合はしっかりとした通販店で購入しましょうね。

もしまだお店選びをしていない方や、どこで買おうか迷っている方がいたら以下の内容も参考にしてみてください!私も使ったことのあるオススメの通販サイトです。

送料無料でアフター補償も豊富「自転車通販 サイマ(cyma)」

通販サイト_サイマcyma

電動アシスト自転車を通販で買うのであれば、個人的に一番おすすめしたいのが「サイマ(cyma)」という通販サイトです。

自転車は大型の荷物なので、多くの通販サイトでは高い送料が設定(最大手のあさひですら1万円前後かかる…)されているのですが、サイマは関東関西中部エリア中心に多くの地域で送料無料で購入できます。
その他の地域も比較的安い送料で購入出来るので、気になる方は自分の住んでいる地域の送料をチェックしておきましょう。
» サイマの送料無料エリアはこちら

また、サイマは「提携店舗での無料修理」や「盗難補償」などの購入後のアフターサポートがかなり充実しています。

購入した自転車も、資格を持つ整備スタッフが組立と整備をしたものを配送してくれるので届いてからすぐ乗ることが出来ますし、何よりもお店で買うのと同じ様な安心感がありますね。

他にも不要になった自転車を無料で回収してくれるサービスがあったりと、何かと便利なサービスが多いのもオススメポイントです。
» サイマの不要自転車回収サービス

▼サイマ(cyma)でPAS Babby unを見る
» PAS Babby un – 自転車通販サイマ(cyma) 人気自転車が最大30%OFF!送料無料

以前に私がサイマで自転車を購入した際の体験談も「サイマ(cyma)の評判・口コミは?実際に自転車を買ってみた感想まとめ」にまとまっています。よろしければ参考にどうぞ!

自転車チェーン最大手「サイクルベースあさひ」もおすすめ

通販サイト_サイクルベースあさひ

次におすすめなのが、「サイクルベースあさひの通販サイト」です。

こちらの通販サイトは日本最大手の自転車チェーンである「サイクルベースあさひ」が運営しており、アフター補償もしっかりしています。

サイマに比べて送料が高いのがネックなのですが、自分であさひのお店まで自転車を受け取りに行くと送料分が無料になるので、近くにあさひの店舗がある方はあさひの通販で買うのもオススメです!

また、あさひはヤマハと提携してオリジナルの電動アシスト自転車を販売するなどヤマハ車種の取扱も豊富なので、悩んでいる方は店員さんに色々聞いて詳しいアドバイスなどを貰うことも出来ると思います。

▼サイクルベースあさひはこちら
» サイクルベースあさひ 楽天市場店



スポンサードリンク