【試乗レビュー】PAS Kiss mini un2019年モデルに乗ってみた

アイキャッチ

ヤマハの人気ファミリー向け電動アシスト自転車「PAS Kiss mini un(パス キッス ミニ アン)」。今回は最新の2019年モデルの試乗レビューです。

ヤマハは電動アシスト自転車の発売当初から一貫してアシストパワーやアシストの味付けにこだわった製品開発をしてきましたが、今年のモデルの乗り心地はどうなのでしょうか

通常モデルと大容量バッテリー搭載の全2モデルの機能比較も合わせて紹介&解説していきます!

PAS Kiss mini unの特徴は?

まず始めにざっくりとPAS Kiss mini unの特徴を紹介しておきますね。

PAS Kiss mini unの主な特徴はこちらの4点。

  • ワイヤー内臓型ですっきりした見た目の軽量アルミフレーム
  • コンパクトで扱いやすい車体設計
  • 「PAS」シリーズで最高のアシストレベル
  • オリジナルのチャイルドシート「Cocoon Room(コクーンルーム)」を搭載

ワイヤー内臓型ですっきりした見た目の軽量アルミフレーム

ワイヤー内蔵フレーム

PAS Kiss mini unはブレーキやモーター駆動系のワイヤー類をフレームに内蔵しているので、とてもすっきりとした見た目になっています。衣類やバッグなどが引っかかって破損する心配も少ないですね。

フレーム素材にはアルミを採用しているので車体の軽量化にも繋がっています。

コンパクトで扱いやすい車体設計

コンパクトな車体

車体の全長が1,720mmと、他メーカーの前子乗せモデルよりややコンパクトな車体設計なので、狭い道でもハンドルの取り回しがしやすく重い荷物や子供を乗せた際にも安定感もあります。

「PAS」シリーズで最高のアシストレベル

PASシリーズ最高のアシストレベル

PAS Kiss mini unはヤマハのPASシリーズ内で最高のアシストレベルに設定されており、パワフルかつ軽やかなアシスト性能を持っています。坂道や3人乗り時(子供2人乗せ)でも快適に走行出来ます。

オリジナルのチャイルドシート「Cocoon Room(コクーンルーム)」を搭載

コクーンルーム

子供の乗せ降ろしのしやすさと包み込まれているような安心感があるフロントチャイルドシート「Cocoon Room(コクーンルーム)」を搭載しています。前方までスッポリと子供を覆うような形状なので、雨や風、寒さ対策もしやすい設計になっています。

2018年→2019年モデルの変更点は?

最新の2019年モデルでは以下の2点が変更されています。

  • 大容量15.4Ahバッテリー搭載の「PAS Kiss mini un SP」が新登場
  • 一部車体カラーの変更

大容量15.4Ahバッテリー搭載の「PAS Kiss mini un SP」が新登場

新登場PAS Kiss mini un SP

2018年モデルまでは12.3Ahバッテリーのみの販売でしたが、2019年モデルでは新たに15.4Ahの大容量バッテリーを搭載した「PAS Kiss mini un SP」が新登場しました。

子供乗せ電動アシスト自転車を使用するユーザの声として、1度の充電での走行距離を重視する声がまだまだ根強く、寄せられる数も多いとの事から発売に至ったモデルです。価格も通常の12.3Ahモデルと4,000円しか変わらないので、高い頻度で自転車を利用する方なら嬉しい新モデルなのではないでしょうか。

一部車体カラーの変更

2019年モデルのカラー一覧

2019年モデルは新たに2カラー(※PAS Kiss mini unのみ)が登場し、継続の4カラーと合わせて計6カラーがラインナップされています。

新登場のPAS Kiss mini un SPは「アクアシアン」と「マットブラック」の2カラー展開です。

いざ試乗!乗り心地はどう?

PAS Kiss mini unのリアキャリア

それではここからは実際にPAS Kiss mini unに乗ってみた感想・レビューを紹介していきます!

乗り心地レビュー

試乗してみてまず感じたのが「車体の安定感」と「漕ぎ出しの滑らかさ」の2点。

子供乗せ用の電動アシスト自転車は車体重量が平均的に30kgほどあるので特に漕ぎ出しの際はフラつきが気になるのですが、PAS Kiss mini un車体がコンパクトなためか、重量が前方に寄っている前子乗せモデルでもハンドルがふらつくこと無くスーッと自然に漕ぎ出すことが出来ます。漕ぎ出した後はパワフルなアシストが効いてくるのでスピードに乗るまでも早く走行時も快適です。

これなら小柄な女性やハンドルを握る力が弱くて不安な方でも安定した走行ができると思います。

コクーンルームはこんな感じです

コクーンルーム閉じた状態

こちらはコクーンルームを閉じた状態の写真。子供の足先から胴体あたりまでがスッポリと覆われるような形状になっています。風が強い日などに万が一前方から飛来物が飛んできてもガードすることが出来ますね。

コクーンルーム開いた状態

こちらがコクーンルームを開いた状態です。「Kiss」というロゴの下部の窪んだ部分に手を入れて上に一度引いてから、グリップレバーを引くと開くことが出来ます。

片手で出来るので子供や荷物を抱えた状態でも開閉できるのは嬉しいポイントです。

コクーンルームの開閉方法

コクーンルームの開け方

開ける際には①の手前部分を引く必要があるので、子供が誤って開けてしまうことも無さそうです。

また、コクーンルームの左右には通気穴も空いているので、暑い時期の通気性も悪くない印象です。

コクーンルームの通気性

真夏などの炎天下でコクーンルーム内が熱くなりすぎることは無いのかもメーカーの方に聞きましたが、色々な耐熱実験をした結果特に問題なく大丈夫とのことでした。

3人乗り時でも安定感◎

PAS Kiss mini unの3人乗り時

リアキャリアにオプションの後ろ乗せチャイルドシートを取り付けた状態でも、漕ぎ出しや走行中、停車時も変わらず安定感がありました。

車体サイズが20インチだとチャイルドシートの位置も低いので、子供の乗せ降ろしも多少ラクになって良いですね。

まとめ

試乗レビューはいかがでしたでしょうか?

個人的な印象としてはPAS Kiss mini unの2019年モデルはアシスト周りの滑らかさや自然さが向上したように思います。

大容量バッテリーモデルも出て選択肢の幅も広がっているので、子供乗せの電動アシスト自転車を検討している方は候補に入れてみてはいかがでしょうか。

また、ヤマハの後ろ子乗せモデルのPAS Babby unの2019年モデルのレビューも「【試乗レビュー】PAS Babby un2019年モデルに乗ってみた」で紹介していますので、気になる方は是非チェックしてみてくださいね。

通販サイトで買うならどのお店がおすすめ?

最近では家の近くに自転車店がある人でも、利便性や価格の面からネット通販で電動アシスト自転車を買う人が増えています。

ネット通販は価格が安いというメリットがありますが、価格だけで選ぶと購入後の保証がなかったり自分で自転車を組み立てる必要があったりと不都合な事もあるので、もし購入する場合はしっかりとした通販店で購入しましょうね。

もしまだお店選びをしていない方や、どこで買おうか迷っている方がいたら以下の内容も参考にしてみてください!私も使ったことのあるオススメの通販サイトです。

おすすめその1「自転車通販 サイマ(cyma)」

通販サイト_サイマcyma

私の一番のおすすめは「サイマ(cyma)」という通販サイトです。

サイマは自転車専門の通販サイトで「提携店舗での無料修理」や「盗難補償」などの購入後のアフターサポートがかなり充実しています。購入した自転車も、資格を持つ整備スタッフが組立と整備をしたものを配送してくれるので届いてすぐ乗ることが出来るのも嬉しいポイントです。

また、自転車は大型の商品なので通販で買うと高い送料(数千円〜高いと1万円以上)がかかる店ばかりなのですが、サイマは関東関西中部エリア中心に多くの地域で送料無料で注文できます。
その他の地域も比較的安い送料で注文出来るので、気になる方は自分の住んでいる地域の送料をチェックしておきましょう。
» サイマの送料無料エリアはこちら

他にも不要になった自転車を無料で回収してくれるサービスがあったりと、何かと便利なサービスが多いのもオススメポイントです。
» サイマの不要自転車回収サービス

▼サイマ(cyma)でPAS Kiss mini unを見る
» PAS Kiss mini un – 自転車通販サイマ(cyma) 人気自転車が最大30%OFF!送料無料

以前に私がサイマで自転車を購入した際の体験談も「サイマ(cyma)の評判・口コミは?実際に自転車を買ってみた感想まとめ」にまとまっています。よろしければ参考にどうぞ!

おすすめその2「サイクルベースあさひ」

通販サイト_サイクルベースあさひ

次におすすめなのが、「サイクルベースあさひの通販サイト」です。

日本最大手の自転車チェーン店舗であるサイクルベースあさひが運営しており、アフター補償もしっかりしています。

サイマに比べて送料が高いのがネックですが、お店まで自転車を受け取りに行くと送料が無料になるので、近くにあさひの店舗がある方はあさひの通販で買うのもオススメです!

また、あさひはヤマハと提携してオリジナルの電動アシスト自転車を販売するなどヤマハ車種の取扱も豊富なので、悩んでいる方は店員さんに色々聞いて詳しいアドバイスなどを貰うことも出来ると思います。

▼サイクルベースあさひはこちら
サイクルベースあさひ 楽天市場店



スポンサードリンク