売れ筋ママチャリをメーカー別に徹底解説!おすすめメーカーは?

アイキャッチ_ママチャリ_メーカー

メーカーによって種類や価格、機能性や耐久性がピンキリのママチャリ。

いったいどのメーカーのママチャリを選ぶのが良いか、迷ってしまいますよね。

今回はママチャリのメーカー毎の特徴とポイント、おすすめの人気メーカーを紹介していきます。

2019年最新!おすすめの人気ママチャリメーカーTOP5はこちら!

最近ではママチャリは商社や製造会社だけでなく、小売企業が自社生産を行うケースも増えてきています。
ユーザの声を直に反映させやすいのと、自社オリジナルの特徴を持たせたママチャリが開発出来るというのが主な理由です。

おすすめママチャリメーカー第5位「イオンバイク」

イオンバイク楽天店
イオングループの自転車専門店として独立した「イオンバイク」。
イオンのプライベートブランドであるトップバリュのママチャリが中心で、お手頃な価格でそこそこの機能性があります。

イオンバイクのママチャリはイオンモール内か、直営のネット通販店から購入できます。

» イオンバイク楽天店はこちら

おすすめママチャリメーカー第4位「サイマ(cyma)」

自転車通販サイト cyma(サイマ)
おすすめ第4位は自転車専門の通販サイトを運営する「サイマ(cyma)」が展開するオリジナル自転車です。

おしゃれで性能の良いママチャリを生産していて、それぞれの車種でBAAマークを取得しているため品質面も安心な自転車が多いです。
他メーカーにはあまり見られない見た目にこだわったカラー展開も特徴的です。

» 自転車通販「cyma -サイマ-」人気自転車が最大40%OFF!送料無料

おすすめママチャリメーカー第3位「チャレンジ21」

通販サイト_チャレンジ21

第3位は格安ママチャリメーカーの「チャレンジ21」です。ラインナップは少ないですがお買い得価格で人気のママチャリを長年に渡って生産、販売しています。

楽天内の直営ショップで販売していますが、ネット販売でありながらすぐ乗れる組立状態での配送を行うなど、自転車の販売にも長けているメーカーです。

» 自転車通販チャレンジ21はこちら

おすすめママチャリメーカー第2位「サイクルベースあさひ」

サイクルベースあさひ
おすすめ第2位は日本最大手の自転車チェーン店を展開する「サイクルベースあさひ」のオリジナルママチャリです。

あさひは元はメーカーではなく小売店でしたが、多数のユーザ情報や販売実績からコスパの良いオリジナルママチャリを多数生産しており、リーズナブルながら安心して乗れる自転車が多いです。

» サイクルベースあさひ楽天市場店はこちら

おすすめママチャリメーカー第1位「ブリヂストンサイクル(BRIDGESTONE)」

おすすめママチャリメーカー第1位は言わずとしれた日本最大手メーカーの「ブリヂストンサイクル」です。

大ヒット商品のアルベルトなどを中心に、高品質・高耐久のママチャリを多数ラインアップしていて、万が一の盗難や傷害時のメーカー保証も充実しています。

ブリヂストンの自転車はあさひサイマ(cyma)でも購入できます。

その他のママチャリメーカーと各メーカーの特徴

日本で主要なママチャリメーカーはこちらです。自転車専門店や量販店で販売されている自転車を中心に、メーカー毎の特徴をまとめました。

パナソニックサイクルテック(Panasonic)

パナソニックサイクルテックはパナソニックの自転車部門の子会社です。ブリヂストン同様品質の高い自転車を生産していましたが、最近では電動アシスト自転車の開発を中心としています。電動アシスト自転車はお買い物などの日常使いに人気のViViシリーズ、子乗せで人気の高いのギュットシリーズ、通学用に購入者が増えてきたティモシリーズを展開しています。
» パナソニックの自転車一覧はこちら

パナソニックサイクルテック(Panasonic)のママチャリの特徴

  • ラインナップは電動アシスト自転車が中心
  • バッテリー開発のノウハウがあり、電動ユニットもすべてパナソニック製で統一されている
  • 値段は10万円〜20万円が中心(電動アシスト自転車中心のため)
  • 安全基準のBAAマークを取得している

ヤマハ(YAMAHA)

ヤマハはパナソニック同様、電動アシスト自転車を中心に開発を行っている自転車メーカーです。子乗せでママ世代に人気のYAMAHA PASシリーズを保有し、長年の独自生産技術を活かした自転車製造を行っています。
» ヤマハ(YAMAHA)の自転車一覧はこちら

ヤマハ(YAMAHA)のママチャリの特徴

  • ラインナップは電動アシスト自転車のみ
  • バッテリー開発のノウハウがあり、電動ユニットの開発もしている
  • 値段は10万円〜20万円が中心(電動アシスト自転車中心のため)
  • 安全基準のBAAマークを取得している

ミヤタサイクル(MIYATA)

ミヤタサイクルは日本の老舗ママチャリメーカーです。一昔前まではママチャリを中心にラインナップしていましたが、最近ではスポーツタイプの自転車を中心に生産しています。ロードバイクで有名なMERIDA(メリダ)を保有する会社です。
» ミヤタのママチャリ一覧はこちら

ミヤタサイクル(MIYATA)のママチャリの特徴

  • ママチャリは軽量で高品質なモデルが多い(ややご年配の方向け)
  • 値段は3万円〜5万円が中心

ホダカ

ホダカは日本の老舗ママチャリメーカーです。marukin(マルキン)というブランドを保有しており、一部の自転車はあの有名なジャイアント(GIANT)と同じ工場で生産しているほど、品質にもこだわっているメーカーです。コーダブルーム、NESTOといった有名スポーツブランドも保有しています。
» ホダカのママチャリ一覧はこちら

ホダカのママチャリの特徴

  • 品質が良く、お手頃な価格のママチャリが中心
  • 一部の車種はジャイアント(GIANT)と同じ工場で生産しており品質が高い
  • 値段は2万円〜3万円程度

アサヒサイクル

大阪に本社工場を置く日本の自転車メーカーで、軽快車と呼ばれる安価なママチャリからスポーツタイプの自転車まで幅広く製造しています。
アサヒサイクルは軽快車と呼ばれる安価のママチャリを中心に製造している老舗メーカーです。
» アサヒサイクルのママチャリ一覧はこちら

アサヒサイクルのママチャリの特徴

  • お手頃な価格のママチャリが中心
  • 値段は1万円〜3万円程度

オオトモ(OTOMO)

街乗り用メインのメーカーです。お手頃な価格とカジュアルなデザインのママチャリが中心で、女性向けのルックス/カラー展開をしている自転車も豊富です。
» オオトモ(OTOMO)の自転車一覧はこちら

オオトモ(OTOMO)のママチャリの特徴

  • お手頃な価格のママチャリが中心
  • 値段は1万円〜3万円程度

丸石サイクル

100年以上の歴史を持つ、街乗り用や子乗せ自転車が中心の日本の老舗自転車メーカーです。
» 丸石サイクルのママチャリ一覧はこちら

丸石サイクルのママチャリの特徴

  • お手頃な価格のママチャリが中心
  • 値段は2万円〜3万円程度
  • チェーンのない「シャフトドライブ」と呼ばれる独自自転車の開発もしている

用途別で選ぶ!おすすめの人気ママチャリメーカー

メーカー毎の特徴を元に、自分の用途に合わせてママチャリを選ぶのもポイントです。

ママチャリに少ししか乗らないのに高機能過ぎても少しもったいないですよね。

購入する際は自分の用途に合ったぴったりの1台を選びましょう!

ママチャリに子供を乗せたい方におすすめのメーカー

ママチャリにお子様を乗せて走りたい方は、安全性や耐久性の高い自転車を製造しているメーカーを選びましょう。

自転車の規定上「クラス27キャリア」という27kgまでの耐荷重に耐えられる自転車でなければチャイルドシートを取り付けられないので、購入する際はママチャリのスペックを確認しましょう。

また、安全性の高い自転車を見分けるコツとして「BAAマーク」を取得しているかどうかを確認すると良いです。

おすすめメーカー一覧

  • ブリヂストンサイクル(BRIDGESTONE)
  • パナソニックサイクルテック(Panasonic)
  • ヤマハ(YAMAHA)
  • サイクルベースあさひ
  • サイマ(cyma)

最近では電動アシスト付きの子供乗せ自転車の人気も高まり、徐々に主流になってきています。

もし電動アシスト自転車も検討したい方は「電動アシスト自転車おすすめメーカー徹底比較!特徴や違いのまとめ」で紹介している電動アシスト自転車メーカーをチェックしてみてはいかがでしょうか。

また、おすすめの電動子供乗せ自転車を知りたい方は「子供乗せ電動アシスト自転車のおすすめ7選!ママ向け選び方コツまとめ」も参考にどうぞ!

おしゃれなママチャリが欲しい方

おしゃれなママチャリが良いという方は、サイマ(cyma)かブリヂストンがおすすめです。

明るい色から落ち着いた色まで多数のカラーをラインナップしていて、サイズも豊富なため自分にピッタリの1台を見つけやすいです。

おしゃれまママチャリにはどんな種類があるのか見てみたいという方は「おしゃれママチャリまとめ!価格も乗りやすさもおすすめ厳選10車種」で紹介している内容もおすすめです。

出来るだけ安いママチャリが欲しい方

あまり乗る機会も少ないので、出来るだけ安いママチャリで良いという方は以下のメーカーがおすすめです。

おすすめメーカー一覧

  • チャレンジ21
  • イオンバイク
  • サイクルベースあさひ

乗る頻度は少ないと言っても、しっかり選ばないと安いママチャリの中にはすぐに故障してしまうものもありますので注意が必要です。

もし購入するお店や自転車が決まっていなかったり、迷っている方がいましたら「ママチャリは通販で安く手に入れよう!私も使ったおすすめ激安通販をご紹介」に書いてある内容も参考にしていただけると思います。

ネット通販でママチャリを買う際の3つの注意点

最後に、ネット通販でママチャリを買う場合の3つ注意点を紹介しておきます。

ざっくりと注意点をまとめると、以下の3つです。

  1. 自転車専門店か
  2. 届いたらすぐに乗れるか
  3. 購入後のアフターサービスはあるか

値段だけを見て購入サイトを選んでしまうと、中には粗悪な自転車を販売しているお店もあるので結局修理費用などが高く付いてしまいます。

本当の意味で安くお得にママチャリを購入したいのであれば、激安という言葉につられて変なサイトで購入してしまわないよう気をつけてくださいね。

また店舗で買えば絶対安心というわけでもありません。

店舗の場合は在庫に限りがあるため、せっかく店舗まで行ったのに欲しい自転車が品切れだったというケースもあります。

ネット通販と店舗は両方にメリットとデメリットがありますので、迷っている方は是非こちらも参考にしてみてください。

自転車通販のメリットとは?ネット通販と店舗どちらがおすすめか



スポンサードリンク