ママチャリの走りやすさに影響!3つのハンドル種類と選び方

ママチャリのハンドル

ママチャリを選ぶ時はついつい見た目や価格に目が行きがちです。

しかし、実はママチャリにおいて意外と大切な要素が「ハンドルの種類」にあるのです。

ママチャリはハンドルの種類によってスピードを出しやすくなったり、安定した走行が出来るようになったりと、乗り心地が全く別物に変わります。

今回はママチャリのハンドルの種類ごとに、それぞれの特徴やおすすめ用途、ハンドルの適正な高さと調整方法を紹介します。

ママチャリの走りやすさに影響!3つのハンドル種類と選び方

ママチャリはハンドルによって力の入れやすさ、乗り心地が異なってきます。まずは3種類のハンドルの特徴とおすすめ用途を紹介します。

オールラウンダーハンドル

オールラウンダーハンドル

スピードを出しやすく、上り坂での走りやすさが特徴のフラットなタイプの「オールラウンダーハンドル」。

ハンドル_オールラウンダーハンドル
参考画像:オールラウンダーハンドル

乗車時に身体がやや前傾姿勢になるので、上り坂でペダルに力を入れやすいため他のハンドルよりも坂道の走行に適しています。また、重心がやや低めになるので平坦な道でもスピードを出しやすくより快適に走行できます。

こんな人はオールラウンダーハンドルがおすすめ!

  • 通学や通勤で使う方
  • 坂が多い地域の方
  • 長距離を走る方

セミアップハンドル/アップハンドル

セミアップハンドル/アップハンドル

ゆったりした自然体で乗れるため低速でも安定して運転しやすい「セミアップハンドル/アップハンドル」。

ハンドル_セミアップハンドル
参考画像:セミアップハンドル/アップハンドル

お買い物など荷物を乗せることが多い方はセミアップハンドル/アップハンドルのママチャリが最適です。ハンドルと身体との距離が近く上体が起きるので、ゆったりした自然な姿勢で乗ることが出来るため、遅いスピードでもふらつきにくくなります。

オールラウンダーハンドルに比べて重心が後ろ寄りになるので、上り坂での走行はペダルに力が伝えにくくあまり向きませんが、平地でゆったりと乗るには非常に優れています。

また、もしチャイルドシートを取り付けてお子様を乗せたりする場合も、安定性の面からセミアップハンドル/アップハンドルのママチャリがおすすめです。

こんな人はセミアップハンドル/アップハンドルがおすすめ!

  • お買い物など荷物を乗せる用途がメインの方
  • 走行時の安定性が欲しい方
  • チャイルドシートを取り付けて子供を乗せたい方

カマキリハンドル

ママチャリ_カマキリハンドル

アップハンドルの中でもより長いハンドルを「カマキリハンドル」と呼びます。

ハンドル_カマキリハンドル
参考画像:カマキリハンドル

特徴はほぼセミアップハンドル/アップハンドルと同様です。
またカマキリハンドルは正式名称というわけではなく、その昔、自転車メーカーのブリヂストン(BRIDGESTONE)が販売した「カマキリ」という自転車に、大幅にアップした特徴的なハンドルが取り付けられており、当時の中高生を中心に絶大な人気となった所からこのタイプのハンドルの俗称となっています。

ブリヂストン_カマキリ
参考画像:ブリヂストン「カマキリ」

30年以上昔の自転車ですが、一周回ってレトロモダンでおしゃれさも感じますね。

ママチャリのハンドルの材質

ママチャリのハンドルは材質が異なる場合もあります。

主に「スチール製ハンドル」「アルミ製ハンドル」「ステンレス製ハンドル」と3つの材質がありますが、ざっくりまとめると以下のような特徴があります。

材質錆び
耐性
重量耐久性価格
スチール弱い重い高い安い
アルミ強い軽い普通高い
スレンレス強い重い非常に高い高い

ママチャリを購入する際に、価格を重視したいならスチール、長い期間利用したいのであればアルミかステンレスを選ぶと良いでしょう。

ママチャリのハンドル高さはどれくらいが最適?

ハンドルグリップの下部からサドル座面までが10cm程度になるように固定しましょう。ハンドルよりサドルの高さを調整するのが楽です。

ママチャリのハンドル高さ

もし今、ママチャリに乗っていてお尻が痛いと感じる方はサドルを少し上げて、気持ち前傾姿勢になるように調整しましょう。そうすることで体重がお尻にかかりにくくなり痛みが減ります。

逆に今、やや前傾姿勢になってしまっている方はサドルを下げると楽な姿勢で乗れるようになります。

またママチャリはタイヤサイズによってもハンドル高やサドル高が変わってくるので、選ぶ際はチェックしておきましょう。
自転車(ママチャリ)の26インチと27インチ、違いは何?性能差は?

ママチャリのハンドル高さの調整方法

ママチャリのほとんどの車種には「ノーマルステム」が用いられており、以下の箇所を調整します。

ママチャリハンドルの高さ調整

ただ、ママチャリのハンドルは事故防止としてガチガチ固定されているため、六角レンチだけでなくハンマーやスパナなどの専門工具も必要になります。ハンドルの高さを調整したい場合はお近くの自転車店に持ち込むことをおすすめします。

もしご自身で行う場合には十分に注意して行ってください。



スポンサードリンク